Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

10.3.2. NFS とのキャッシュ制限

  • ダイレクト I/O で共有ファイルシステムからファイルを開くと、自動的にキャッシュが回避されます。これは、この種のアクセスがサーバーに直接行なわれる必要があるためです。
  • 共有ファイルシステムからファイルを開いて書き込みを行うと、NFS バージョン 2 および 3 で動作しません。これらのバージョンのプロトコルでは、クライアントが別のクライアントから同じファイルへの同時書き込みを検出できるように十分な一貫性管理情報が提供されていません。
  • ダイレクト I/O または書き込みのいずれかで共有ファイルシステムからファイルを開くと、キャッシュされたファイルのコピーがフラッシュされます。ダイレクト I/O や書き込みのためにファイルが開かれなくなるまで、FS-Cache はファイルを再キャッシュしません。
  • さらに、FS-Cache の今回のリリースでは、通常の NFS ファイルのみをキャッシュします。FS-Cache はディレクトリー、シンボリックリンク、デバイスファイル、FIFO、ソケットを キャッシュしません