Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

9.2.6. よく使用されるマウントオプション

SMB 共有をマウントすると、マウントオプションにより次のことが決まります。
  • サーバーとの接続がどのように確立されるか。たとえば、サーバーに接続するときに使用される SMB プロトコルバージョンはどれか。
  • 共有が、ローカルファイルシステムにどのようにマウントされるか。たとえば、複数のローカルユーザーが、サーバーのコンテンツにアクセスできるようにするために、システムがリモートファイルとディレクトリーのパーミッションを上書きする場合など。
/etc/fstab ファイルの 4 番目のフィールド、または mount コマンドの -o パラメーターで複数のオプションを設定するには、オプションをコンマで区切ります。たとえば、手順9.2「multiuser オプションを使用した /etc/fstab ファイルエントリーの作成」 を参照してください。
以下の一覧は、頻繁に使用されるマウントオプションの概要を示しています。

表9.1 よく使用されるマウントオプション

オプション 説明
credentials=file_name 認証情報ファイルへのパスを設定します。「認証情報ファイルを使用した SMB 共有への認証」 を参照してください。
dir_mode=mode サーバーが CIFS UNIX 拡張機能をサポートしていない場合は、ディレクトリーモードを設定します。
file_mode=mode サーバーが CIFS UNIX 拡張機能をサポートしていない場合は、ファイルモードを設定します。
password=password SMB サーバーへの認証に使用されるパスワードを設定します。あるいは、credentials オプションを使用して認証情報ファイルを指定します。
seal SMB 3.0 以降のプロトコルバージョンを使用した接続に対する暗号化サポートを有効にします。そのため、seal3.0 以降に設定された vers マウントオプションと一緒に使用します。例9.1「暗号化された SMB 3.0 接続を使用した共有のマウント」 を参照してください。
sec=security_mode
ntlmsspi などのセキュリティーモードを設定して、NTLMv2 パスワードハッシュとパケット署名を有効にします。対応している値の一覧は、man ページの mount.cifs(8) にあるオプションの説明を参照してください。
サーバーが ntlmv2 セキュリティーモードに対応していない場合は、sec=ntlmssp (デフォルト) を使用します。セキュリティー上の理由から、安全でないntlmセキュリティーモードは使用しないでください。
username=user_name SMB サーバーへの認証に使用されるユーザー名を設定します。あるいは、credentials オプションを使用して認証情報ファイルを指定します。
vers=SMB_protocol_version サーバーとの通信に使用される SMB プロトコルバージョンを設定します。
完全な一覧は、man ページの mount.cifs(8) の 『OPTIONS』 セクションを参照してください。