Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

25.4.2. ネイティブファイバーチャネルのドライバーおよび機能

Red Hat Enterprise Linux 7 には、以下のネイティブファイバーチャネルドライバーが同梱されます。
  • lpfc
  • qla2xxx
  • zfcp
  • bfa
重要
qla2xxx ドライバーは、デフォルトでイニシエーターモードで実行されます。Linux-IO で qla2xxx を使用するには、対応する qlini_mode モジュールパラメーターでファイバーチャネルターゲットモードを有効にします。
まず、ql2200-firmware などの qla デバイス用のファームウェアパッケージがインストールされていることを確認します。
ターゲットモードを有効にするには、/usr/lib/modprobe.d/qla2xxx.conf qla2xx モジュール設定ファイルに以下のパラメーターを追加します。
options qla2xxx qlini_mode=disabled
次に、dracut -f コマンドを使用して、初期 ramdisk (initrd) を再構築し、システムを再起動して変更を有効にします。
表25.1「ファイバーチャネル API の機能」 は、各ネイティブの Red Hat Enterprise Linux 7 ドライバーのさまざまなファイバーチャネル API 機能について説明します。X は、機能のサポートを示します。

表25.1 ファイバーチャネル API の機能

lpfcqla2xxxzfcpbfa
Transport port_idXXXX
Transport node_nameXXXX
Transport port_nameXXXX
リモートポートのdev_loss_tmoXXXX
Remote Port fast_io_fail_tmoXX [a]X [b] X
Host port_idXXXX
Host issue_lipXX X
[a] Red Hat Enterprise Linux 5.4 以降でサポート
[b] Red Hat Enterprise Linux 6.0 以降でサポート