Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

29.2.2. QLogic アダプターの NVMe イニシエーターの設定

この手順を使用して、NVMe 管理コマンドラインインターフェース (nvme-cli) ツールを使用して、Qlogic アダプタークライアントの NVMe イニシエーターを設定します。
  1. nvme-cli ツールをインストールします。
    # yum install nvme-cli
    これにより、/etc/nvme/ ディレクトリーに hostnqn ファイルが作成されます。hostnqn ファイルは、NVMe ホストを識別します。新しい hostnqn を生成するには、次のコマンドを実行します。
    # nvme gen-hostqn
  2. qla2xxx モジュールを削除して再読み込みします。
    # rmmod qla2xxx
    # modprobe qla2xxx
  3. ローカルポートおよびリモートポートの WWNN および WWPN を検索します。
    # dmesg |grep traddr
        [    6.139862] qla2xxx [0000:04:00.0]-ffff:0: register_localport: host-traddr=nn-0x20000024ff19bb62:pn-0x21000024ff19bb62 on portID:10700
    [    6.241762] qla2xxx [0000:04:00.0]-2102:0: qla_nvme_register_remote: traddr=nn-0x203b00a098cbcac6:pn-0x203d00a098cbcac6 PortID:01050d
    
    この host-traddrtraddr を使用して、サブシステム NQN を検索します。
    # nvme discover --transport fc --traddr nn-0x203b00a098cbcac6:pn-0x203d00a098cbcac6 --host-traddr nn-0x20000024ff19bb62:pn-0x21000024ff19bb62
    
    Discovery Log Number of Records 2, Generation counter 49530
    =====Discovery Log Entry 0======
    trtype:  fc
    adrfam:  fibre-channel
    subtype: nvme subsystem
    treq:    not specified
    portid:  0
    trsvcid: none
    subnqn:  nqn.1992-08.com.netapp:sn.c9ecc9187b1111e98c0800a098cbcac6:subsystem.vs_nvme_multipath_1_subsystem_468
    traddr:  nn-0x203b00a098cbcac6:pn-0x203d00a098cbcac6
    
    Replace nn-0x203b00a098cbcac6:pn-0x203d00a098cbcac6 を、traddr に置き換えます。
    Replace nn-0x20000024ff19bb62:pn-0x21000024ff19bb62 を、host_traddr に置き換えます。
  4. nvme-cli ツールを使用して NVMe ターゲットに接続します。
    # nvme connect --transport fc --traddr nn-0x203b00a098cbcac6:pn-0x203d00a098cbcac6 --host_traddr nn-0x20000024ff19bb62:pn-0x21000024ff19bb62 -n nqn.1992-08.com.netapp:sn.c9ecc9187b1111e98c0800a098cbcac6:subsystem.vs_nvme_multipath_1_subsystem_468
    Replace nn-0x203b00a098cbcac6:pn-0x203d00a098cbcac6 を、traddr に置き換えます。
    Replace nn-0x20000024ff19bb62:pn-0x21000024ff19bb62 を、host_traddr に置き換えます。
    nqn.1992-08.com.netapp:sn.c9ecc9187b1111e98c0800a098cbcac6:subsystem.vs_nvme_multipath_1_subsystem_468 を、 subnqn に置き換えます。
  5. NVMe デバイスが現在接続されていることを確認します。
    # nvme list
    Node             SN                   Model                                    Namespace Usage                      Format           FW Rev
    ---------------- -------------------- ---------------------------------------- --------- -------------------------- ---------------- --------
    /dev/nvme0n1     80BgLFM7xMJbAAAAAAAC NetApp ONTAP Controller                  1         107.37  GB / 107.37  GB      4 KiB +  0 B   FFFFFFFF
    # lsblk |grep nvme
    nvme0n1                     259:0    0   100G  0 disk
    

関連情報