Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

30.7.2. vdostats

vdostats ユーティリティーは、Linux df ユーティリティーと同様に、構成された各(または指定した)デバイスの統計を表示します。
vdostats ユーティリティーの出力は、root 権限で実行していない場合は不完全な可能性があります。

概要

vdostats [ --verbose | --human-readable | --si | --all ] [ --version ] [ device ...]

オプション

表30.7 vdostats オプション

オプション 説明
--verbose
1 つ(または複数)VDO デバイスの使用率およびブロック I/O(bios)の統計を表示します。詳しくは、表30.9「vdostats --verbose Output」 を参照してください。
--human-readable
ブロック値を読み取り可能な形式で表示します(Base 2: 1 KB = 210 バイト = 1024 バイト)。
--si
--si オプションは、SI ユニットを使用するために --human-readable オプションの出力を変更します(Base 10: 1 KB = 103 bytes = 1000 バイト)。--human-readable オプションを指定しないと、-- si オプションは効果がありません。
--all
このオプションは後方互換性としてのみ使用されます。--verbose オプションと同等です。
--version
vdostats バージョンを表示します。
デバイス ...
報告する特定のボリュームを 1 つ以上指定します。この引数を省略すると、vdo stats によりすべてのデバイスで報告されます。

出力

以下は、表30.8「デフォルトの vdostats 出力」 で説明されているオプションが指定されていない場合の出力例を以下に示します。
Device               1K-blocks    Used         Available     Use%   Space Saving%
/dev/mapper/my_vdo   1932562432   427698104    1504864328    22%    21%

表30.8 デフォルトの vdostats 出力

item 説明
デバイス VDO ボリュームへのパス。
1k-blocks VDO ボリュームに割り当てられる 1K ブロックの合計数(= 物理ボリュームサイズ * ブロックサイズ / 1024)
Used VDO ボリュームで使用される 1K ブロックの合計数(= physical blocks used * block size / 1024)
Available VDO ボリュームで使用可能な 1K ブロックの合計数(= physical blocks free * block size / 1024)
use% VDO ボリュームで使用される物理ブロックのパーセンテージ(= 使用されているブロック/割り当てられたブロック * 100)
Space Saving% VDO ボリュームに保存されている物理ブロックのパーセンテージ(= [logical blocks used - physical blocks used] / logical blocks used)
--human-readable オプションは、ブロック数を従来の単位に変換します(1 KB = 1024 バイト)。
Device               Size   Used      Available     Use%   Space Saving%
/dev/mapper/my_vdo   1.8T   407.9G    1.4T          22%    21%
--human-readable および --si オプションは、ブロック数を SI ユニットに変換します(1 KB = 1000 バイト)。
Device               Size   Used      Available     Use%    Space Saving%
/dev/mapper/my_vdo   2.0T   438G      1.5T          22%     21%
--verbose (表30.9「vdostats --verbose Output」)オプションは、1 つ(またはすべての)VDO デバイスの YAML 形式で VDO デバイスの統計を表示します。
表30.9「vdostats --verbose Output」太字 で出力される統計は、今後のリリースでレポートされます。残りのフィールドは、主にソフトウェアサポートを目的としており、今後のリリースで変更される可能性があります。管理ツールはこれらに依存しないでください。また、管理ツールは統計によって報告される順番に依存しない必要があります。

表30.9 vdostats --verbose Output

item 説明
バージョン これらの統計のバージョン。
リリースバージョン VDO のリリースバージョン。
使用されているデータブロック データの保存に VDO ボリュームで現在使用されている物理ブロックの数。
使用されるオーバーヘッドブロック VDO メタデータを保存するのに VDO ボリュームで現在使用されている物理ブロックの数。
使用されている論理ブロック 現在マッピングされている論理ブロックの数。
物理ブロック VDO ボリュームに割り当てられる物理ブロックの合計数。
論理ブロック VDO ボリュームでマッピング可能な論理ブロックの最大数。
1k-blocks VDO ボリュームに割り当てられる 1K ブロックの合計数(= 物理ボリュームサイズ * ブロックサイズ / 1024)
1k-blocks used VDO ボリュームで使用される 1K ブロックの合計数(= physical blocks used * block size / 1024)
1k-blocks available VDO ボリュームで使用可能な 1K ブロックの合計数(= physical blocks free * block size / 1024)
使用済みパーセント VDO ボリュームで使用される物理ブロックのパーセンテージ(= 使用されているブロック/割り当てられたブロック * 100)
パーセントの保存 VDO ボリュームに保存されている物理ブロックのパーセンテージ(= [logical blocks used - physical blocks used] / logical blocks used)
ブロックマップキャッシュのサイズ ブロックマップキャッシュのサイズ(バイト単位)。
書き込みポリシー アクティブな書き込みポリシー(sync または async)。This is configured via vdo changeWritePolicy --writePolicy=auto|sync|async.
ブロックサイズ VDO ボリュームのブロックサイズ(バイト単位)。
完了したリカバリー数 VDO ボリュームが不完全なシャットダウンから回復した回数。
読み取り専用のリカバリー数 vdo start --forceRebuildを使用して、VDO ボリュームが読み取り専用モードから回復した回数。
操作モード VDO ボリュームが正常に動作するか、復旧モードであるか、読み取り専用モードであるかを示します。
リカバリーの進捗(%) オンラインリカバリーの進捗状況を示唆します。ボリュームがリカバリーモードではない場合は、N/A となります。
圧縮フラグメントが書き込まれました。 VDO ボリュームが最後に再起動してから書き込まれた圧縮フラグメントの数。
圧縮したブロックの書き込み VDO ボリュームが最後に再起動してから書き込まれた圧縮データの物理ブロックの数。
packer の圧縮フラグメント まだ書き込まれていない圧縮フラグメントの数。
スラブ数 スラブの合計数。
スラブが開く ブロックの割り当て元のスラブの合計数。
スラブが再開しました VDO の起動以降にスラブが再開かれた回数。
ジャーナルディスクのフルカウント リカバリージャーナルが満杯であるため、リクエストがリカバリージャーナルエントリーを作成できなかった回数。
ジャーナルコミットが要求された数 リカバリージャーナルがスラブジャーナルコミットを要求する回数。
ジャーナルエントリーのバッチ処理 ジャーナルエントリー書き込みが開始した回数から、書き込まれたジャーナルエントリーの数から減らされます。
ジャーナルエントリーが開始されました メモリーに実行されたジャーナルエントリーの数。
ジャーナルエントリーの書き込み 提出された書き込みのジャーナルエントリーの数が、ストレージにコミットされたジャーナルエントリーの数以上となります。
ジャーナルエントリーを書き込みました。 書き込みが発生したジャーナルエントリーの合計数。
ジャーナルエントリーがコミットされました。 ストレージに書き込まれるジャーナルエントリーの数。
ジャーナルブロックのバッチ処理 ジャーナルブロックの書き込みの数から開始されたジャーナルブロック数は、書き込まれたジャーナルブロックの数から減らされます。
ジャーナルブロックが開始されました メモリーにカウントされたジャーナルブロックの数。
ジャーナルブロックの書き込み (アクティブなメモリーに metadatata を使用して)書き込まれたジャーナルブロックの数から、コミットされたジャーナルブロック数を引いたジャーナルブロックの数。
ジャーナルエントリーを書き込みました。 書き込みが発生したジャーナルブロックの合計数。
ジャーナルブロックがコミットされました。 ストレージに書き込まれるジャーナルブロックの数。
slab journal disk full count(スラブジャーナルディスク全体の数) オンディスクのスラブジャーナルが一杯になった回数。
スラブジャーナルのフラッシュ数 エントリーがフラッシュしきい値を超えたスラブジャーナルに追加された回数。
スラブジャーナルブロックされた数 エントリーがブロッキングしきい値の上昇されたスラブジャーナルに追加された回数。
slab journal blocks written 発行したスラブジャーナルブロック書き込みの数。
slab journal tail busy count スラブジャーナルの書き込みを待機する書き込み要求がブロックされた回数。
スラブサマリーブロックが書き込まれました。 発行したスラブサマリーブロック書き込みの数。
参照ブロックの書き込み 発行された参照ブロック書き込みの数。
ブロックマップのダーティーページ ブロックマップキャッシュにおけるダーティーページの数。
ブロックマップのクリーンアップページ ブロックマップキャッシュにあるクリーンページの数。
ブロックマップの空きページ ブロックマップキャッシュの空きページ数。
Block map failed pages 書き込みエラーのあるブロックマップキャッシュページの数。
ブロックマップの受信ページ キャッシュに読み取られるブロックマップキャッシュページの数。
ブロックマップの発信ページ 書き込まれているブロックマップキャッシュページの数。
ブロックマップキャッシュの不足 無料ページが必要に応じて利用できない回数。
ブロックマップの読み取り数 ブロックマップページの読み取りの合計数。
ブロックマップの書き込み数 ブロックマップページの書き込みの合計数。
ブロックマップが読み取りに失敗しました ブロックマップの読み取りエラーの合計数。
ブロックマップが書き込み失敗 ブロックマップ書き込みエラーの合計数。
ブロックマップが回収されました 回収されたブロックマップページの合計数。
ブロックマップの読み取り出力 書き込まれたページのブロックマップ読み取りの合計数。
キャッシュにあるブロックマップ ブロックマップキャッシュヒットの合計数。
ブロックマップの破棄が必要 ページを破棄する必要のあるブロックマップ要求の合計数。
Block map wait for page ページを待機する必要がある要求の合計数。
ブロックマップの取得が必要 ページフェッチを必要とする要求の合計数。
ロードされたブロックマップページ ページフェッチの合計数。
保存されているブロックマップページ ページの合計数。
ブロックマップのフラッシュ数 ブロックマップによって発行されたフラッシュの合計数。
無効なアドバイス PBN 数 インデックスが無効なアドバイスを返す回数
領域エラー数がありません。 VDO ボリュームの空き容量がないために失敗した書き込み要求の数。
読み取り専用エラー数 VDO ボリュームが読み取り専用モードにあるため失敗した書き込み要求の数。
インスタンス VDO インスタンス。
512 バイトのエミュレーション ボリュームに対して 512 バイトのエミュレーションがオンまたはオフであるかを示します。
現在の VDO IO 要求の処理中です。 VDO が現在処理中の I/O 要求の数。
進行中の VDO IO 要求の最大数 VDO が処理した同時 I/O 要求の最大数。
現在のデドアップクエリー 現在、重複排除クエリーの数。
最大デッドクエリー インフライト重複排除クエリーの最大数。
dedupe advice valid 重複排除アドバイスが正しい回数。
古いアドバイス 重複排除アドバイスが不適切な回数。
タイムアウトの断続的なアドバイス 重複排除クエリーがタイムアウトした回数。
フラッシュ VDO により基礎となるストレージに送信されるフラッシュ要求の数。
BIOS in...BIOS のパーシャル中...BIOS out...BIOS メタ...BIOS ジャーナル...BIOS ページキャッシュ...BIOS は完了しました...bio メタが完了しました...BIOS ジャーナルが完了しました...BIOS ページキャッシュが完了しました...BIOS acknowledged...BIOS 確認済みパーシャル...BIOS 中...
この統計は、各カテゴリーの bios の数を指定のフラグでカウントします。カテゴリーは以下のとおりです。
  • BIOS: VDO が 受信したブロック I/O 要求の数。
  • BIOS の一部: VDO で受信される部分的なブロック I/O 要求の数。512 バイトのエミュレーションモードにのみ適用されます。
  • BIOS out: VDO がストレージデバイスに提出したメタデータ以外のブロック I/O リクエストの数。
  • BIOS meta: VDO がストレージデバイスに提出したメタデータブロック I/O 要求の数。
  • BIOS journal: VDO がストレージデバイスに提出したリカバリージャーナルブロック I/O 要求の数。
  • BIOS ページキャッシュ: VDO がストレージデバイスに提出したブロックマップ I/O 要求の数。
  • BIOS out completed: メタデータ以外のブロック I/O 要求の数(ストレージデバイスによる完了)。
  • BIOS メタ完了: ストレージデバイスによって完了したメタデータブロック I/O 要求の数。
  • BIOS ジャーナルの完了: ストレージデバイスによって完了した リカバリージャーナルブロック I/O 要求の数。
  • BIOS ページキャッシュ完了: ストレージデバイスによって完了したブロックマップ I/O 要求の数。
  • BIOS 確認済み: VDO によって確認されたブロック I/O 要求の数。
  • BIOS 確認済みパーシャル: VDO によって確認された部分的なブロック I/O 要求の数。512 バイトのエミュレーションモードにのみ適用されます。
  • BIOS 中: VDO に送信された bios の数、まだ確認されていません。
フラグには 3 つのタイプがあります。
  • read: write-write bios の数(REQ_WRITE フラグが設定されていません)
  • write: bios の書き込み数(REQ_WRITE フラグが設定された bios)
  • discard: REQ_DISCARD フラグが設定された bios の数
読み取りキャッシュアクセス VDO が読み取りキャッシュを検索する回数。
キャッシュヒットの読み取り 読み取りキャッシュのヒット数。