Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

30.7.2. vdostats

vdostats ユーティリティーは、Linux の df ユーティリティーと同様の形式で、設定 (または指定) したデバイスごとに統計情報を表示します。
root 権限で実行されていない場合、vdostatsユーティリティーの出力が不完全になる可能性があります。

概要

vdostats [ --verbose | --human-readable | --si | --all ] [ --version ] [ device ...]

オプション

表30.7 vdostatsオプション

オプション 説明
--verbose
1 つ (または複数) の VDO デバイスの使用率とブロック I/O (bios) 統計を表示します。詳しくは 表30.9「vdostats --詳細な出力」 をご覧ください。
--human-readable
ブロック値を読み取り可能な形式で表示します (ベース 2: 1 KB = 210 bytes = 1024 バイト)。
--si
--si オプションは、--human-readable オプションの出力を SI ユニットを使用するように変更します (ベース 10: 1KB = 103 バイト = 1000 バイト)。--human-readable オプションが指定されていない場合は、--si オプションが無効になります。
--all
このオプションは、後方互換性のためにのみ使用されます。これは、--verbose オプションと同等になりました。
--version
vdostatsのバージョンを表示します。
device ...
報告する 1 つ以上の特定のボリュームを指定します。この引数を省略すると、vdostatsはすべてのデバイスでレポートします。

出力

以下の例では、オプションが指定されていない場合の出力例を示しています。これは、表30.8「vdostats のデフォルトの出力」 で説明されています。
Device               1K-blocks    Used         Available     Use%   Space Saving%
/dev/mapper/my_vdo   1932562432   427698104    1504864328    22%    21%

表30.8 vdostats のデフォルトの出力

項目 説明
Device VDO ボリュームへのパス。
1K-blocks VDO ボリュームに割り当てられている 1K ブロックの合計数 (= 物理ボリュームサイズ * ブロックサイズ / 1024)
Used VDO ボリュームで使用されている 1K ブロックの合計数 (= 使用されている物理ブロック * ブロックサイズ / 1024)
Available VDO ボリュームで利用可能な 1K ブロックの合計数 (= 空き物理ブロック * ブロックサイズ / 1024)
Use% VDO ボリュームで使用されている物理ブロックの割合 (= 使用済みブロック / 割り当て済みブロック * 100)
Space Saving% VDO ボリュームに保存されている物理ブロックの割合 (= [使用されている論理ブロック - 使用されている物理ブロック] / 使用されている論理ブロック)
--human-readable オプションでは、ブロックカウントを従来の単位 (1 KB = 1024 バイト) に変換します。
Device               Size   Used      Available     Use%   Space Saving%
/dev/mapper/my_vdo   1.8T   407.9G    1.4T          22%    21%
--human-readable オプションおよび --si オプションは、ブロックカウントを SI ユニット (1 KB = 1000 バイト) に変換します。
Device               Size   Used      Available     Use%    Space Saving%
/dev/mapper/my_vdo   2.0T   438G      1.5T          22%     21%
--verbose (表30.9「vdostats --詳細な出力」) オプションは、1 つ (またはすべて) の VDO デバイスの YAML 形式で VDO デバイス統計情報を表示します。
表30.9「vdostats --詳細な出力」太字 に出力される統計は、今後のリリースで引き続き報告される予定です。その他のフィールドは、主にソフトウェアサポートを目的としており、今後のリリースで変更される可能性があります。管理ツールで使用することはできません。管理ツールでは、統計情報の報告順序に依存しないようにしてください。

表30.9 vdostats --詳細な出力

項目 説明
Version この統計のバージョン。
Release version VDO のリリースバージョン。
Data blocks used VDO ボリュームがデータを保存するために現在使用している物理ブロックの数。
Overhead blocks used VDO メタデータを保存するために VDO ボリュームが現在使用している物理ブロックの数。
Logical blocks used 現在マッピングされている論理ブロックの数。
Physical blocks VDO ボリュームに割り当てられている物理ブロックの合計数。
Logical blocks VDO ボリュームでマッピングできる論理ブロックの最大数。
1K-blocks VDO ボリュームに割り当てられている 1K ブロックの合計数 (= 物理ボリュームサイズ * ブロックサイズ / 1024)
1K-blocks used VDO ボリュームで使用されている 1K ブロックの合計数 (= 使用されている物理ブロック * ブロックサイズ / 1024)
1K-blocks available VDO ボリュームで利用可能な 1K ブロックの合計数 (= 空き物理ブロック * ブロックサイズ / 1024)
Used percent VDO ボリュームで使用されている物理ブロックの割合 (= 使用済みブロック / 割り当て済みブロック * 100)
Saving percent VDO ボリュームに保存されている物理ブロックの割合 (= [使用されている論理ブロック - 使用されている物理ブロック] / 使用されている論理ブロック)
Block map cache size ブロックマップキャッシュのサイズ (バイト単位)。
Write policy アクティブな書き込みポリシー (同期または非同期)。これは、vdo changeWritePolicy --writePolicy=auto|sync|async を介して設定されます。
Block size VDO ボリュームのブロックサイズ (バイト単位)。
Completed recovery count VDO ボリュームが不完全なシャットダウンから復旧した回数。
Read-only recovery count VDO ボリュームが、(vdo start --forceRebuild を介して) 読み取り専用モードから復元された回数。
Operating mode VDO ボリュームが通常どおり動作しているか、復旧モードであるか、または読み取り専用モードであるかを示します。
Recovery progress (%) オンライン復旧の進捗状況を示します。またはボリュームが復旧モードでない場合はN/A を示します。
Compressed fragments written VDO ボリュームが最後に再起動してから書き込まれた圧縮フラグメントの数。
Compressed blocks written VDO ボリュームを最後に再起動してから書き込まれた圧縮データの物理ブロックの数。
Compressed fragments in packer まだ書き込まれていない、処理中の圧縮フラグメントの数。
Slab count スラブの合計数。
Slabs opened ブロックがこれまでに割り当てられたスラブの総数。
Slabs reopened VDO が開始されてからスラブが再開された回数。
Journal disk full count リカバリージャーナルがいっぱいであったために、要求がリカバリージャーナル項目を作成できなかった回数。
Journal commits requested count リカバリージャーナルがスラブジャーナルをコミットするように要求した回数。
Journal entries batching 開始されたジャーナルエントリーの書き込み数から、書き込まれたジャーナルエントリーの数を引いた数。
Journal entries started メモリー内で作成されたジャーナルエントリーの数。
Journal entries writing 送信された書き込みのジャーナルエントリーの数から、ストレージにコミットされたジャーナルエントリーの数を引いたもの。
Journal entries written 書き込みが発行されたジャーナルエントリーの合計数。
Journal entries committed ストレージに書き込まれたジャーナルエントリーの数。
Journal blocks batching 開始したジャーナルブロックの書き込み数から、書き込まれたジャーナルブロックの数を引いた数。
Journal blocks started メモリー内でタッチされたジャーナルブロックの数。
Journal blocks writing 書き込まれたジャーナルブロックの数 (アクティブメモリー内のメタデータを使用) からコミットされたジャーナルブロックの数を引いた数。
Journal entries written 書き込みが発行されたジャーナルブロックの合計数。
Journal blocks committed ストレージに書き込まれたジャーナルブロックの数。
Slab journal disk full count オンディスクスラブジャーナルがいっぱいになった回数。
Slab journal flush count フラッシュしきい値を超えるスラブジャーナルにエントリーが追加された回数。
Slab journal blocked count ブロックしきい値を超えたスラブジャーナルにエントリーが追加された回数。
Slab journal blocks written 発行されたスラブジャーナルブロック書き込みの数。
Slab journal tail busy count 書き込み要求がスラブジャーナル書き込みの待機をブロックした回数。
Slab summary blocks written 発行されたスラブサマリーブロック書き込みの数。
Reference blocks written 発行された参照ブロック書き込みの数。
Block map dirty pages ブロックマップキャッシュ内のダーティーページ数。
Block map clean pages ブロックマップキャッシュ内のクリーンなページ数。
ブロックマップの空きページ ブロックマップキャッシュの空きページ数。
Block map failed pages 書き込みエラーがあるブロックマップキャッシュページの数。
Block map incoming pages キャッシュに読み込まれているブロックマップキャッシュページの数。
Block map outgoing pages 書き込まれているブロックマップキャッシュページの数。
Block map cache pressure 必要に時に空きページが利用できなかった回数。
Block map read count ブロックマップページ読み取りの合計数。
Block map write count ブロックマップページへの書き込みの合計数。
Block map failed reads ブロックマップの読み取りエラーの合計数。
Block map failed writes ブロックマップの書き込みエラーの合計数。
Block map reclaimed 回収されたブロックマップページの合計数。
Block map read outgoing 書き込み中のページのブロックマップ読み取りの合計数。
Block map found in cache ブロックマップキャッシュヒットの合計数。
Block map discard required ページを破棄する必要があったブロックマップ要求の合計数。
Block map wait for page ページを待つ必要があった要求の合計数。
Block map fetch required ページフェッチを必要としたリクエストの合計数。
Block map pages loaded ページフェッチの合計数。
Block map pages saved 保存したページの合計数。
Block map flush count ブロックマップが発行したフラッシュの合計数。
Invalid advice PBN count インデックスが無効なアドバイスを返した回数
No space error count. VDO ボリュームの領域が不足しているために失敗した書き込み要求の数。
Read only error count VDO ボリュームが読み取り専用モードであるために失敗した書き込み要求の数。
Instance VDO インスタンス。
512 byte emulation 512 バイトのエミュレーションがボリュームでオンまたはオフになるかを示します。
Current VDO IO requests in progress. VDO が現在処理している I/O 要求の数。
Maximum VDO IO requests in progress VDO が処理した同時 I/O 要求の最大数。
Current dedupe queries 現在実行中の重複排除クエリーの数。
Maximum dedupe queries 起動時の重複排除クエリーの最大数。
Dedupe advice valid 重複排除のアドバイスが正しかった回数。
Dedupe advice stale 重複排除のアドバイスが間違っていた回数。
Dedupe advice timeouts 重複排除クエリーがタイムアウトした回数。
Flush out VDO が基盤となるストレージに送信したフラッシュ要求の数。
Bios in...Bios in partial...Bios out...Bios meta...Bios journal...Bios page cache...Bios out completed...Bio meta completed...Bios journal completed...Bios page cache completed...Bios acknowledged...Bios acknowledged partial...Bios in progress...
これらの統計は、特定のフラグを持つ各カテゴリーの BIOS の数をカウントします。カテゴリーは以下のとおりです。
  • bios in: VDO が受信したブロック I/O 要求の数。
  • bios in partial: VDO が受信した部分的なブロック I/O 要求の数。512 バイトのエミュレーションモードにのみ適用されます。
  • bios out: VDO がストレージデバイスに送信したメタデータブロック以外の I/O 要求の数。
  • bios meta: VDO がストレージデバイスに送信したメタデータブロックの I/O 要求の数。
  • bios journal: VDO がストレージデバイスに送信したリカバリージャーナルブロックの I/O 要求の数。
  • bios page cache: VDO がストレージデバイスに送信したブロックマップ I/O 要求の数。
  • bios out completed: ストレージデバイスによって完了したメタデータブロック以外の I/O 要求の数。
  • bios meta completed: ストレージデバイスによって完了したメタデータブロック I/O 要求の数。
  • bios journal completed: ストレージデバイスによって完了したリカバリージャーナルブロックの I/O 要求の数。
  • bios page cache completed: ストレージデバイスによって完了したブロックマップ I/O 要求の数。
  • bios acknowledged: VDO によって確認されたブロック I/O 要求の数。
  • bios acknowledged partial: VDO によって確認された部分的なブロック I/O 要求の数。512 バイトのエミュレーションモードにのみ適用されます。
  • bios in progress: まだ確認されていない VDO に送信された bios の数。
フラグには、以下の 3 つのタイプがあります。
  • read: 書き込み以外の bios (REQ_WRITE フラグが設定されていない bios) の数
  • write: 書き込み bios (REQ_WRITE フラグが設定されている bios) の数
  • discard: REQ_DISCARD フラグが設定されている bios の数
読み取りキャッシュアクセス VDO が読み取りキャッシュを検索した回数。
読み取りキャッシュのヒット 読み取りキャッシュのヒット数。