Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

30.6.3.2.2. 読み取りキャッシュ

2 番目のキャッシュは、VDO の重複排除のアドバイスを検証するために、ストレージシステムから読み取られたデータブロックをキャッシュするために使用できます。短期間で同様のデータブロックが検出されると、必要な I/O 操作の数が減る可能性があります。
読み取りキャッシュには、圧縮されたユーザーデータを含むストレージブロックも含まれます。短期間に複数の圧縮可能ブロックが書き込まれた場合、その圧縮バージョンは、同じストレージシステムブロック内に存在する可能性があります。同様に、短時間で読み取りを行うと、キャッシュにより、ストレージシステムからの読み取りを追加で行う必要がなくなります。
vdo コマンドの --readCache={enabled | disabled} オプションでは、読み取りキャッシュを使用するかどうかを制御します。これを有効にした場合、キャッシュの最小サイズは 8 MB ですが、 --readCacheSize=megabytes オプションで増やすことができます。読み取りキャッシュの管理には若干のオーバーヘッドが発生するため、ストレージシステムが十分に高速であれば、パフォーマンスが向上しない可能性があります。読み取りキャッシュはデフォルトで無効になっています。