Menu Close

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

4.8. file_t および default_t タイプ

拡張属性(EA)をサポートするファイルシステムを使用する場合、file_t タイプは、EA がまだ割り当てられていないファイルのデフォルトタイプです。このタイプは、この目的のためにのみ使用され、適切にラベル付けされたファイルシステムには存在しません。SELinux を実行しているシステムのすべてのファイルには適切な SELinux コンテキストが必要で、file_t タイプは file -context 設定で使用されないためです。[4].
default_t タイプは、file-context 設定のパターンに一致しないファイルで使用されます。そのため、このようなファイルはディスクにコンテキストがないファイルから区別でき、通常は制限のあるドメインにはアクセスできなくなります。たとえば、my directory/ などの新規最上位のディレクトリーを作成する場合、このディレクトリーには default_t タイプのラベルが付けられる場合があります。サービスがこのディレクトリーにアクセスする必要がある場合は、この場所の file-contexts 設定を更新する必要があります。file-context 設定へのコンテキストの追加に関する詳細は、「永続的な変更: semanage fcontext」 を参照してください。


[4] /etc/selinux/targeted/contexts/files/ ディレクトリーのファイルは、ファイルとディレクトリーのコンテキストを定義します。このディレクトリー内のファイルは restorecon ユーティリティーおよび setfiles ユーティリティーで読み取り、ファイルとディレクトリーをデフォルトのコンテキストに復元します。