Menu Close

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

4.6. ブール値

ブール値は、SELinux ポリシーの記述に関する知識なしに、ランタイム時に SELinux ポリシーの一部を変更できます。これにより、SELinux ポリシーのリロードや再コンパイルを行わずに、サービスが NFS ボリュームにアクセスするのを許可するなどの変更が可能になります。

4.6.1. ブール値の一覧表示

ブール値の一覧、各詳細の説明、およびオンまたはオフであるかについては、Linux の root ユーザーとして semanage boolean -l コマンドを実行します。以下の例はすべてのブール値を一覧表示しておらず、出力は簡潔なもののために短縮されています。
~]# semanage boolean -l
SELinux boolean                State  Default Description


smartmon_3ware                 (off  ,  off)  Determine whether smartmon can...
mpd_enable_homedirs            (off  ,  off)  Determine whether mpd can traverse...
注記
詳細な説明を行うには、selinux-policy-devel パッケージをインストールします。
SELinux ブール値 のコラムにはブール値名が一覧表示されます。説明 のコラムには、ブール値がオンまたはオフであるかと、そのブール値が何であるかを示します。
The getsebool -a コマンドは、ブール値(オンまたはオフであるかに関わらず)を一覧表示しますが、それぞれの説明は提供しません。以下の例は、すべてのブール値を一覧表示していません。
~]$ getsebool -a
cvs_read_shadow --> off
daemons_dump_core --> on
the getsebool boolean-name コマンドを実行して、boolean-name ブール値のステータスのみを一覧表示します。
~]$ getsebool cvs_read_shadow
cvs_read_shadow --> off
スペース区切りリストを使用して、複数のブール値を一覧表示します。
~]$ getsebool cvs_read_shadow daemons_dump_core
cvs_read_shadow --> off
daemons_dump_core --> on