1.3. SELinux アーキテクチャー

SELinux は、Linux カーネルに組み込まれる Linux セキュリティーモジュール (LSM) です。カーネルの SELinux サブシステムは、管理者が制御し、システムの起動時に読み込まれるセキュリティーポリシーにより動作します。システムにおけるセキュリティー関連の、カーネルレベルのアクセス操作はすべて SELinux により傍受され、読み込んだセキュリティーポリシーのコンテキストに従って検討されます。読み込んだポリシーが操作を許可すると、その操作は継続します。許可しないと、その操作はブロックされ、プロセスがエラーを受け取ります。
アクセスを許可する/許可しないといった SELinux の決定は、キャッシュされます。このキャッシュは、AVC (アクセスベクターキャッシュ) と呼ばれます。このキャッシュされた決定を使用すると、SELinux ポリシールールをチェックする頻度が減り、その結果、パフォーマンスが向上します。DAC ルールが最初にアクセスを拒否すると SELinux ポリシールールは効果がないことに留意してください。

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。