Menu Close

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

4.4.2. SELinux の無効化

SELinux が無効になっていると、SELinux ポリシーは読み込まれません。ポリシーは強制されず、AVC メッセージはログに記録されません。したがって、「SELinux を実行する利点」 に記載されている SELinux を実行する利点はすべて失われます。
重要
Red Hat は、SELinux を永続的に無効にする代わりに、Permissive モードを使用することを強く推奨します。Permissive モードの詳細は、「Permissive モード」 を参照してください。
SELinux を永続的に無効にするには、以下の手順を行います。

手順4.4 SELinux の無効化

  1. /etc/selinux/config ファイルに SELINUX=disabled を設定します。
    # This file controls the state of SELinux on the system.
    # SELINUX= can take one of these three values:
    #       enforcing - SELinux security policy is enforced.
    #       permissive - SELinux prints warnings instead of enforcing.
    #       disabled - No SELinux policy is loaded.
    SELINUX=disabled
    # SELINUXTYPE= can take one of these two values:
    #       targeted - Targeted processes are protected,
    #       mls - Multi Level Security protection.
    SELINUXTYPE=targeted
  2. システムを再起動します。再起動したら、getenforce コマンドが Disabled を返すことを確認します。
    ~]$ getenforce
    Disabled