Menu Close

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

23.2. タイプ

高度なプロセス分離を提供するために、SELinux Targeted ポリシーで使用される主要なパーミッション制御方法は Type Enforcement です。すべてのファイルとプロセスにはタイプのラベルが付いています。タイプはプロセスのSELinuxドメインを定義し、ファイルのSELinuxタイプを定義します。SELinux ポリシールールは、タイプにアクセスするドメインであるか、別のドメインにアクセスするドメインであるかにかかわらず、タイプが相互にアクセスする方法を定義します。アクセスは、それを許可する特定の SELinux ポリシールールが存在する場合にのみ許可されます。
Postfix では、以下のタイプが使用されます。フレキシブルアクセスを設定するには、以下のいずれかを行います。
postfix_etc_t
このタイプは、/etc/postfix/ ディレクトリーの Postfix の設定ファイルに使用されます。
postfix_data_t
このタイプは、/var/lib/postfix/ ディレクトリーの Postfix データファイルに使用されます。
postfix_var_run_t
このタイプは、/run/ ディレクトリーに保存されている Postfix ファイルに使用されます。
postfix_initrc_exec_t
Postfix 実行ファイルには、postfix_initrc_exec_t タイプにラベルが付いています。実行すると、postfix_initrc_t ドメインに移行します。
postfix_spool_t
このタイプは、/var/spool/ ディレクトリーに保存されている Postfix ファイルに使用されます。
注記
Postfix 用のファイルとそのタイプの一覧を表示するには、次のコマンドを実行します。
~]$ grep postfix /etc/selinux/targeted/contexts/files/file_contexts