Menu Close

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

25.2. タイプ

高度なプロセス分離を提供するために、SELinux Targeted ポリシーで使用される主要なパーミッション制御方法は Type Enforcement です。すべてのファイルとプロセスにはタイプのラベルが付いています。タイプはプロセスのSELinuxドメインを定義し、ファイルのSELinuxタイプを定義します。SELinux ポリシールールは、タイプにアクセスするドメインであるか、別のドメインにアクセスするドメインであるかにかかわらず、タイプが相互にアクセスする方法を定義します。アクセスは、それを許可する特定の SELinux ポリシールールが存在する場合にのみ許可されます。
以下のタイプは、OpenShift で使用されます。異なるタイプを使用すると、柔軟なアクセスを設定できます。

プロセスのタイプ

openshift_t
OpenShift プロセスは、openshift_t SELinux のタイプに関連付けられています。

実行ファイルのタイプ

openshift_cgroup_read_exec_t
SELinux では、このタイプのファイルを使用して、実行ファイルを openshift_cgroup_read_t ドメインに移行できます。
openshift_cron_exec_t
SELinux では、このタイプのファイルを使用して、実行ファイルを openshift_cron_t ドメインに移行できます。
openshift_initrc_exec_t
SELinux では、このタイプのファイルを使用して、実行ファイルを openshift_initrc_t ドメインに移行できます。

書き込み可能なタイプ

openshift_cgroup_read_tmp_t
このタイプでは、/tmp ディレクトリー内の OpenShift 制御グループ (cgroup) による一時ファイルの読み取りとアクセスが可能になります。
openshift_cron_tmp_t
このタイプでは、OpenShift cron ジョブの一時ファイルを /tmp に保存できます。
openshift_initrc_tmp_t
このタイプでは、OpenShift initrc 一時ファイルを /tmp に保存できます。
openshift_log_t
このタイプのファイルは、OpenShift ログデータとして扱われ、通常は /var/log/ ディレクトリーに保存されます。
openshift_rw_file_t
OpenShift には、このタイプのラベルが付いたファイルの読み取りと書き込みのパーミッションがあります。
openshift_tmp_t
このタイプは、OpenShift 一時ファイルを /tmp に保存するために使用されます。
openshift_tmpfs_t
このタイプを使用すると、OpenShift データを tmpfs ファイルシステムに保存できます。
openshift_var_lib_t
このタイプを使用すると、/var/lib/ ディレクトリーに OpenShift ファイルを保存できます。
openshift_var_run_t
このタイプを使用すると、/run/ ディレクトリーまたは /var/run/ ディレクトリーに OpenShift ファイルを保存できます。