Menu Close

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

25.4. 設定の例

25.4.1. デフォルトの OpenShift ディレクトリーの変更

デフォルトでは、OpenShift はそのデーターを /var/lib/openshift/ ディレクトリーに保存します。このディレクトリーには openshift_var_lib_t SELinux のタイプのラベルが付いています。OpenShift が別のディレクトリーにデータを保存できるようにするには、適切な SELinux コンテキストで、新しいディレクトリーにラベルを付けます。
以下の手順では、データを/srv/openshift/ に保存するために、デフォルトの OpenShift ディレクトリーを変更する方法を示しています。

手順25.1 データを保存するためのデフォルトの OpenShift ディレクトリーの変更

  1. root で、/srv ディレクトリーに新しいopenshift/ ディレクトリーを作成します。新しいディレクトリーには、var_t のタイプにラベルが付けられます。
    ~]# mkdir /srv/openshift
    ~]$ ls -Zd /srv/openshift
    drwxr-xr-x. root root unconfined_u:object_r:var_t:s0   openshift/
    
  2. root で、semanage ユーティリティーを使用して、/srv/openshift/ を適切な SELinux コンテキストにマッピングします。
    ~]# semanage fcontext -a -e /var/lib/openshift /srv/openshift
  3. 次に、root で restorecon ユーティリティーを使用して変更を適用します。
    ~]# restorecon -R -v /srv/openshift
  4. これで、/srv/openshift/ ディレクトリーに、正しいopenshift_var_lib_t タイプのラベルが付けられます。
    ~]$ ls -Zd /srv/openshift
    drwxr-xr-x. root root unconfined_u:object_r:openshift_var_lib_t:s0   openshift/