17.4. 設定例

17.4.1. SELinux ラベルが付いた NFS サポートを有効にする

以下の例では、SELinux ラベルが付いた NFS サポートを有効にする方法を示しています。ここでは、nfs-utils パッケージがインストール済みで SELinux ターゲットポリシーが使用されており、SELinux が enforcing モードで実行中であることを前提としています。

注記

次のステップ 1 からステップ 3 までは、NFS サーバー nfs-srv で行います。
  1. NFS サーバーが稼働している場合は、これを停止します。
    [nfs-srv]# systemctl stop nfs
    サーバーが停止したことを確認します。
    [nfs-srv]# systemctl status nfs
    nfs-server.service - NFS Server
       Loaded: loaded (/usr/lib/systemd/system/nfs-server.service; disabled)
       Active: inactive (dead)
  2. /etc/sysconfig/nfs ファイルを編集して、RPCNFSDARGS フラグを "-V 4.2" に設定します。
    # Optional arguments passed to rpc.nfsd. See rpc.nfsd(8)
    RPCNFSDARGS="-V 4.2"
  3. サーバーを再起動して、稼働していることを確認します。出力は以下のようになり、タイムスタンプのみが異なります。
    [nfs-srv]# systemctl start nfs
    [nfs-srv]# systemctl status nfs
    nfs-server.service - NFS Server
       Loaded: loaded (/usr/lib/systemd/system/nfs-server.service; disabled)
       Active: active (exited) since Wed 2013-08-28 14:07:11 CEST; 4s ago
  4. クライアント側で NFS サーバーをマウントします。
    [nfs-client]# mount -o v4.2 server:mntpoint localmountpoint
  5. すべての SELinux ラベルがサーバーからクライアントに渡されました。
    [nfs-srv]$ ls -Z file
    -rw-rw-r--. user user unconfined_u:object_r:svirt_image_t:s0 file
    [nfs-client]$ ls -Z file
    -rw-rw-r--. user user unconfined_u:object_r:svirt_image_t:s0 file

注記

ラベルが付いた NFS サポートをホームディレクトリーやその他のコンテンツに有効にすると、そのコンテンツは EXT ファイルシステム上にある場合と同様のラベルが付けられます。また、異なるバージョンの NFS があるシステムをマウントしたり、ラベルが付いた NFS をサポートしないサーバーのマウントを試みると、エラーが返されることに留意してください。

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。