Menu Close

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

27.4. 設定の例

27.4.1. Gluster ブリックのラベル付け

Gluster ブリックは、信頼できるストレージプール内のサーバーのエクスポートディレクトリーです。ブリックに正しい SELinux コンテキストでラベル付けされていない場合は、glusterd_brick_t で特定の ファイルアクセス操作を拒否し、さまざまな AVC メッセージを生成します。
以下の手順は、正しい SELinux コンテキストで Gluster ブリックにラベルを付ける方法を説明します。この手順では、以前に /dev/rhgs/gluster などの論理ボリュームを作成してフォーマットし、Gluster ブリックとして使用することを前提としています。
Gluster ブリックの詳細は、『Red Hat Gluster Storage の『 管理ガイド』 の「Red Hat Gluster Storage ボリューム』 」の章を参照してください。

手順27.1 Gluster ブリックにラベルを付ける方法

  1. 以前にフォーマットした論理ボリュームをマウントするディレクトリーを作成します。以下は例になります。
    ~]# mkdir /mnt/brick1
  2. 論理ボリューム(この場合は /dev/vg-group/gluster )を、直前の手順で作成された /mnt/brick1/ ディレクトリーにマウントします。
    ~]# mount /dev/vg-group/gluster /mnt/brick1/
    mount コマンドは、一時的にデバイスをマウントすることに注意してください。デバイスを永続的にマウントするには、以下のようなエントリーを /etc/fstab ファイルに追加します。
    /dev/vg-group/gluster    /mnt/brick1  xfs rw,inode64,noatime,nouuid      1 2
    詳細は、fstab(5) の man ページを参照してください。
  3. /mnt/brick1/ の SELinux コンテキストを確認します。
    ~]$ ls -lZd /mnt/brick1/
    drwxr-xr-x. root root system_u:object_r:unlabeled_t:s0 /mnt/brick1/
    ディレクトリーには、SELinux タイプ unlabeled_t のラベルが付けられます。
  4. /mnt/brick1/ の SELinux タイプを glusterd_brick_t SELinux タイプに変更します。
    ~]# semanage fcontext -a -t glusterd_brick_t "/mnt/brick1(/.*)?"
  5. restorecon ユーティリティーを使用して変更を適用します。
    ~]# restorecon -Rv /mnt/brick1
  6. 最後に、コンテキストが正常に変更されたことを確認します。
    ~]$ ls -lZd /mnt/brick1
    drwxr-xr-x. root root system_u:object_r:glusterd_brick_t:s0 /mnt/brick1/