Menu Close

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

18.2. types

高度なプロセスの分離を提供するために SELinux ターゲットポリシーで使用される主なパーミッション制御方法は、タイプ Enforcement です。すべてのファイルとプロセスに type: タイプでラベルが付けられ、プロセスの SELinux ドメインとファイルの SELinux タイプが定義されます。SELinux ポリシールールは、タイプにアクセスするドメインであるか、別のドメインにアクセスするドメインであるか、相互にアクセスする方法を定義します。アクセスは、許可する特定の SELinux ポリシールールが存在する場合にのみ許可されます。
以下のタイプは CVS で使用されます。異なるタイプを使用すると、柔軟なアクセスを設定できます。
cvs_data_t
このタイプは、CVS リポジトリーのデータに使用されます。CVS は、このタイプのデータに対する完全アクセスのみを取得できます。
cvs_exec_t
このタイプは、/usr/bin/cvs バイナリーに使用します。