Menu Close

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

4.13.3. 特定の MLS 範囲でのユーザーの作成

以下の手順に従って、特定の MLS 範囲を持つ新しい Linux ユーザーを作成します。

手順4.20 特定の MLS 範囲でのユーザーの作成

  1. useradd コマンドを使用して新しい Linux ユーザーを追加し、新しい Linux ユーザーを既存の SELinux ユーザー(この場合は staff_u)にマッピングします。
    ~]# useradd -Z staff_u john
  2. 新たに作成した Linux ユーザーをパスワードに割り当てます。
    prompt~]# passwd john
  3. root で以下のコマンドを実行して、SELinux と Linux ユーザー間のマッピングを表示します。出力は以下のようになります。
    ~]# semanage login -l
    Login Name           SELinux User         MLS/MCS Range        Service
    
    __default__          user_u               s0-s0                *
    john                 staff_u              s0-s15:c0.c1023      *
    root                 root                 s0-s15:c0.c1023      *
    staff                staff_u              s0-s15:c0.c1023      *
    sysadm               staff_u              s0-s15:c0.c1023      *
    system_u             system_u             s0-s15:c0.c1023      *
  4. ユーザー john の特定の範囲を定義します。
    ~]# semanage login --modify --range s2:c100 john
  5. SELinux と Linux ユーザー間のマッピングを再度表示します。ユーザー john には、特定の MLS 範囲が定義されていることに注意してください。
    ~]# semanage login -l
    Login Name           SELinux User         MLS/MCS Range        Service
    
    __default__          user_u               s0-s0                *
    john                 staff_u              s2:c100              *
    root                 root                 s0-s15:c0.c1023      *
    staff                staff_u              s0-s15:c0.c1023      *
    sysadm               staff_u              s0-s15:c0.c1023      *
    system_u             system_u             s0-s15:c0.c1023      *
  6. 必要に応じて、john のホームディレクトリーでラベルを修正するには、以下のコマンドを入力します。
    ~]# chcon -R -l s2:c100 /home/john