第8章 sVirt

sVirt は Red Hat Enterprise Linux に導入されている技術で、SELinux と仮想化を統合します。仮想マシンの使用時には Mandatory Access Control (MAC) を適用してセキュリティーを高めます。これらの技術を統合する主な理由は、ホストや他の仮想マシンを目標とした攻撃経路として使用される可能性のあるハイパーバイザー内のバグに対してシステムを堅牢にし、セキュリティーを高めるためです。
本章では、Red Hat Enterprise Linux での sVirt による仮想化技術の統合について説明します。

非仮想化環境

非仮想化環境では、ホストは物理的に相互分離しており、各ホストには Web サーバーや DNS サーバーなどのサービスで構成される自己完結型の環境があります。これらのサービスは、独自のユーザースペース、ホストカーネル、物理ホストと直接通信して、ネットワークに直接サービスを提供します。下の図は、非仮想化環境を示したものです。

仮想化環境

仮想化環境では、複数のオペレーティングシステムを (「ゲスト」として) 単一のホストカーネルおよび物理ホストに格納することができます。下の図は仮想化環境を示したものです。

8.1. セキュリティーと仮想化

サービスが仮想化されていない場合は、マシンは物理的に分離されています。エクスプロイトは通常、影響を受けたマシンで封じ込められます。ただし、ネットワーク攻撃は明らかに例外となります。仮想化環境内でサービスがグループ化されると、システムに新たな脆弱性が出現します。ハイパーバイザーのセキュリティーに不備があって、ゲストインスタンスによるエクスプロイトを受ける可能性がある場合、そのゲストはホストのみならず、そのホスト上で実行されている他のゲストも攻撃できる可能性があります。これは理論上の話ではありません。攻撃はすでにハイパーバイザー上に存在しているのです。これらの攻撃はゲストインスタンスを超えて拡大し、他のゲストを攻撃にさらす可能性があります。
sVirt は、ゲストを隔離して、悪用された場合にさらなる攻撃を開始する能力を抑制するためのものです。以下のイメージで示すように、攻撃は仮想マシンから出ることができず、他のゲストインスタンスにも届きません。
SELinux は、MAC (Mandatory Access Control) の実装内で仮想化インスタンス向けのプラグ可能なセキュリティーフレームワークを導入します。sVirt のフレームワークにより、ゲストとそのリソースに固有のラベル付けが可能になります。ラベルが付けられると、ルールの適用が可能になり、異なるゲスト間のアクセスを拒否できるようになります。

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。