第26章 OpenShift by Red Hat

OpenShift by Red Hat は、開発者による Web アプリケーションの構築と導入を可能にするサービスとしてのプラットホーム (PaaS) です。OpenShift は、Java、Ruby、および PHP を含む幅広いプログラム言語およびフレームワークを提供します。また、アプリケーションのライフサイクルをサポートする統合開発者ツールを提供し、これには Eclipse 統合や JBoss Developer Studio、Jenkins が含まれます。OpenShift はオープンソースのエコシステムを使用して、モバイルアプリケーションやデータベースサービス用のプラットホームを提供します[24]
Red Hat Enterprise Linux では、rhc パッケージが OpenShift クライアントツールを提供します。以下のコマンドを実行して、このパッケージがインストールされているかを確認します。
~]$ rpm -q rhc
package rhc is not installed
rhc がインストールされていない場合、OpenShift のインストールプロセスの情報については 『OpenShift Enterprise Client Tools Installation Guide』および『OpenShift Online Client Tools Installation Guide』を参照してください。

26.1. OpenShift と SELinux

SELinux ポリシーにしたがってすべてのプロセスがラベル付けされているので、SELinux は OpenShift を使用するアプリケーションに対してよりすぐれたセキュリティーを提供します。このため、SELinux は同一ノード上で実行中の異なるギア内で悪意のある攻撃から OpenShift を保護します。
SELinux と OpenShift についての詳細は、Dan Walsh のプレゼンテーション を参照してください。


[24] OpenShift についての詳細は、「Product Documentation for OpenShift Container Platform」および「Product Documentation for OpenShift Online」を参照してください。

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。