Menu Close

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

第25章 OpenShift by Red Hat

OpenShift by Red Hat は、開発者が Web アプリケーションをビルドおよびデプロイできるようにする PaaS(サービスとしてのプラットフォーム)です。OpenShift では、Java、Ruby、PHP など、幅広いプログラミング言語およびフレームワークを提供しています。また、Eclipse 統合、JBoss Developer Studio、Jenkins を含むアプリケーションライフサイクルをサポートする統合された開発者ツールも提供します。OpenShift はオープンソースのエコシステムを使用して、モバイルアプリケーション、データベースサービスなどのプラットフォームを提供します。[24]
Red Hat Enterprise Linux では、openshift-clients パッケージが OpenShift クライアントツールを提供します。以下のコマンドを実行して、インストールされているかどうかを確認します。
~]$ rpm -q openshift-clients
package openshift-clients is not installed
openshift-clients パッケージがインストールされていない場合は、『 OpenShift Enterprise Client Tools インストールガイド』および『 OpenShift Online クライアントツールインストールガイド』 で、OpenShift クライアントツールのインストールプロセスについての詳細を確認してください。
重要
以前のバージョンでは、rhc パッケージは OpenShift クライアントツールを提供していました。OpenShift の最新バージョンでは、このパッケージは非推奨となり、Red Hat ではサポートされなくなりました。そのため、OpenShift バージョン 2 以降、rhc パッケージが、サポートされる OpenShift バージョンに使用される OpenShift クライアントツールを提供する openshift-clients パッケージに置き換えられます。

25.1. OpenShift および SELinux

SELinux は、すべてのプロセスに SELinux ポリシーに従ってラベル付けされるため、OpenShift を使用するアプリケーションに対するセキュリティー制御が強化されます。したがって、SELinux は、同じノードで実行されている異なるギア内の悪意のある攻撃から OpenShift を保護します。
SELinux および OpenShift の詳細は、「 Dan Walsh's presentation 」を参照してください。


[24] OpenShift の詳細は、「 Product Documentation for OpenShift Container Platform 」および「 Product Documentation for OpenShift Online 」を参照してください。