Menu Close

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

第16章 ネットワークファイルシステム

ネットワークファイルシステム(NFS)により、リモートホストはネットワーク経由でファイルシステムをマウントし、そのファイルシステムを、ローカルにマウントしているファイルシステムと同じように操作できます。また、システム管理者は、リソースをネットワーク上の中央サーバーに統合することができるようになります。[16]
Red Hat Enterprise Linux では、NFS の完全なサポートには nfs-utils パッケージが必要です。以下のコマンドを実行して、nfs-utils がインストールされているかどうかを確認します。
~]$ rpm -q nfs-utils
package nfs-utils is not installed
インストールされておらず、NFS を使用する場合は、root で yum ユーティリティーを使用してインストールします。
~]# yum install nfs-utils

16.1. NFS および SELinux

SELinux を実行すると、NFS デーモンはデフォルトで、nfsd プロセス を除き制限されます。これは、制限のない kernel_t ドメインタイプのラベルが付けられます。SELinux ポリシーにより、デフォルトでは NFS がファイルを共有できるようになります。また、クライアントとサーバー間で SELinux ラベルを渡すと、NFS ボリュームにアクセスする制限のあるドメインをより適切に制御できます。たとえば、ホームディレクトリーが NFS ボリュームに設定されている場合、ボリューム上の他のディレクトリーではなく、ホームディレクトリーのみにアクセスできる制限のあるドメインを指定できます。同様に、Secure Virtualization などのアプリケーションは、NFS ボリュームにイメージファイルのラベルを設定することができるため、仮想マシンの分離レベルが向上します。
ラベル付き NFS のサポートは無効です。これを有効にするには、「SELinux ラベル付き NFS サポートの有効化」 を参照してください。


[16] 詳細は、『 ストレージ管理ガイド』 の「 ネットワークファイルシステム(NFS)」 の章を参照してください。