第13章 はじめに

本ガイドのパート II ではより実用的なタスクにフォーカスしており、様々なサービスの設定方法についての情報を提供しています。各サービスは、最も一般的なタイプとブール値とともに仕様を表示しています。また、こうしたサービスを設定する場合の実例を挙げながら、SELinux でどのようにサービスの動作を補完しているのかについて見ていきます。
SELinux が enforcing モードの場合は、Red Hat Enterprise Linux で使用されるデフォルトのポリシーはターゲットポリシーになります。ターゲットとなるプロセスが制御のあるドメインで実行され、ターゲット外のプロセスは制限のないドメインで実行されます。ターゲットポリシーと制限のあるプロセスおよび制御のないプロセスについての詳細は、「3章ターゲットポリシー」を参照してください。

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。