Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

5.15.2. Rich ルール構造の概要

リッチルールコマンドの形式または構造は以下のとおりです。
rule [family="rule family]"
    [ source [NOT][][][]] address="address" mac="mac-address" ipset="ipset" 
    [ destination [NOT]] address="address" 
    [ element] 
    [ log [prefix="prefix text][][]]" level="log level" limit value="rate/duration" 
    [ audit ]
    [ action]
注記
ファイルのリッチルールの構造は NOT キーワードを使用して送信元および宛先アドレスコマンドの意味を反転しますが、コマンドラインは invert="true" オプションを使用します。
ルールは特定のゾーンに関連付けられます。ゾーンには複数のルールを指定できます。一部のルールが対話または矛盾する場合は、パケットに一致する最初のルールが適用されます。

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。