6.7. Red Hat Satellite での OpenSCAP の使用

複数の Red Hat Enterprise Linux システムを稼働している際には、すべてのシステムがセキュリティーポリシーにしたがっており、リモートの 1 カ所からスキャンと評価を実行することが重要になります。これは、Satellite クライアントに spacewalk-oscap パッケージがインストールされている Red Hat Satellite 5.5 以降を使用することで達成できます。このパッケージは、Red Hat Network Tools チャンネルから入手できます。How to enable/disable a repository using Red Hat Subscription-Manager? を参照してください。
このソリューションは、2 つの方法でのセキュリティーコンプライアンススキャンの実行、表示、およびスキャン結果のさらなる処理をサポートしています。OpenSCAP Satellite Web Interface を使うか Satellite API からコマンドとスクリプトを実行することができます。このソリューションのセキュリティーコンプライアンス、要件、機能に関する詳細情報は、Red Hat Satellite ドキュメントを参照してください。