Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

4.3.10.2. NFS と Postfix

メールスプールディレクトリー /var/spool/postfix/ を NFS 共有ボリュームに絶対に置かないでください。NFSv2 および NFSv3 では、ユーザー ID およびグループ ID の管理を行わないため、2 人以上のユーザーが同じ UID を持ち、互いのメールを受信および読み取ることができます。
注記
Kerberos を使用する NFSv4 では、SECRPC_GSS カーネルモジュールは UID ベースの認証を利用しないため、これは当てはまりません。しかし、メールスプールディレクトリーを NFS 共有ボリュームに 置かない ことは、引き続きグッドプラクティスとされています。