Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

4.5.4. VPN の永続ドメインおよびネームサーバー

VPN 接続のタイプによっては、ドメインと、VPN トンネル設定の一部としてドメインに使用するネームサーバーの一覧を伝えることができます。Red Hat Enterprise Linux では、これは NetworkManager で対応しています。つまり、バインドされない dnssec-trigger および NetworkManager の組み合わせが、VPN ソフトウェアが提供するドメインおよびネームサーバーを適切にサポートできます。VPN トンネルが起動すると、受信されたドメイン名のすべてのエントリーに対してローカルのバインドされていないキャッシュがフラッシュされ、ドメイン名内の名前のクエリーが、VPN を使用して到達した内部ネームサーバーから新しいものを取得します。VPN トンネルが終了すると、バインドされていないキャッシュは再度フラッシュされ、ドメインのクエリーが公開 IP アドレスを返し、以前に取得されたプライベート IP アドレスではなく、パブリック IP アドレスが返されます。「Connection Supplied ドメイン向けの DNSSEC Validation の設定」 を参照してください。

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。