Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

4.14. Shared System 証明書の使用

Shared System Certificates ストレージでは、NSS、GnuTLS、OpenSSL、および Java が、システムの証明書アンカーとブラックリスト情報を取得するデフォルトのソースを共有します。トラストストアには、デフォルトで、Mozilla CA の一覧 (信頼される一覧および信頼されない一覧) を含みます。システムは、コア Mozilla CA 一覧を更新したり、別の証明書一覧を選択したりできます。

4.14.1. システム全体のトラストストアの使用

Red Hat Enterprise Linux 7 では、統合されたシステム全体のトラストストアが /etc/pki/ca-trust/ ディレクトリーおよび /usr/share /pki/ca-trust-source/ ディレクトリーに置かれています/usr/share/pki/ca-trust-source/ の信頼設定は、/etc/pki/ca-trust/ の設定よりも低い優先順位で処理されます。
証明書ファイルは、インストールされているサブディレクトリーによって扱われます。
  • /usr/share/pki/ca-trust-source/anchors/ または /etc/pki/ca-trust/source/anchors/ - 信頼アンカー。「Trust Anchors について」 を参照してください。
  • /usr/share/pki/ca-trust-source/blacklist/ または /etc/pki/ca-trust/source/blacklist/ - 信頼できない証明書。
  • /usr/share/pki/ca-trust-source/ または /etc/pki/ca-trust/source/ - 拡張された BEGIN TRUSTED ファイル形式の証明書用。