Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

5.9.2. リダイレクトしたポートの削除

リダイレクトしているポートを削除するには、次のコマンドを実行します。
~]# firewall-cmd --remove-forward-port=port=port-number:proto=<tcp|udp>:toport=port-number:toaddr=<IP>
別のアドレスにリダイレクトした転送ポートを削除するには、以下を実行します。
  1. 転送したポートを削除するには、以下を行います。
    ~]# firewall-cmd --remove-forward-port=port=port-number:proto=<tcp|udp>:toport=port-number:toaddr=<IP>
  2. マスカレードを無効にするには、次のコマンドを実行します。
    ~]# firewall-cmd --remove-masquerade
注記
この方法を使用するポートのリダイレクトは、IPv4 ベースのトラフィックでのみ機能します。IPv6 リダイレクト設定には、リッチルールを使用する必要があります。詳細は、「「Rich Language」構文を使用した複雑なファイアウォールルールの設定」 を参照してください。
外部システムにリダイレクトするには、マスカレードを有効にする必要があります。詳細は、「IP アドレスのマスカレードの設定」 を参照してください。

例5.2 同じマシンで TCP ポート 88 に転送されるポート 80 の削除

ポートのリダイレクトを削除するには、以下を行います。
  1. リダイレクトしたポートの一覧を表示します。
    ~]# firewall-cmd --list-forward-ports 
    port=80:proto=tcp:toport=88:toaddr=
  2. ファイアウォールからリダイレクトしたポートを削除します。
    ~]# firewall-cmd --remove-forward-port=port=80:proto=tcp:toport=88:toaddr=
  3. 新しい設定を永続化します。
    ~]# firewall-cmd --runtime-to-permanent

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。