2.5. インストール後の手順

以下のステップは、Red Hat Enterprise Linux のインストール直後に実行する必要のあるセキュリティー関連の手順です。
  1. システムを更新します。root で以下のコマンドを実行します。
    ~]# yum update
  2. ファイアウォールサービスの firewalld は Red Hat Enterprise Linux のインストールで自動的に有効になっていますが、kickstart 設定などで明示的に無効となっている場合もあります。このような場合は、ファイアウォールを再度有効にすることが推奨されます。
    firewalld を開始するには、root で以下のコマンドを実行します。
    ~]# systemctl start firewalld
    ~]# systemctl enable firewalld
  3. セキュリティーを強化するために、不要なサービスは無効にしてください。たとえば、使用中のコンピューターにプリンターがインストールされていなければ、以下のコマンドを使って cups サービスを無効にします。
    ~]# systemctl disable cups
    アクティブなサービスを見直すには、以下のコマンドを実行します。
    ~]$ systemctl list-units | grep service