Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

2.2. ディスクのパーティション設定

Red Hat は、/boot 、/、/home、/tmp、および /var/tmp / の各ディレクトリーに別々のパーティションを作成することを推奨します。各パーティションを作成する理由は以下のようになります。
/boot
このパーティションは、システムの起動時にシステムが最初に読み込むパーティションです。Red Hat Enterprise Linux 7 でシステムを起動するのに使用するブートローダーとカーネルイメージは、このパーティションに保存されます。このパーティションは暗号化しないでください。このパーティションが / に含まれており、そのパーティションが暗号化されているなどの理由で利用できなくなると、システムを起動できなくなります。
/home
ユーザーデータ(/home)が別のパーティションではなく / に保存されていると、パーティションが満杯になり、オペレーティングシステムが不安定になる可能性があります。また、システムを、Red Hat Enterprise Linux 7 の次のバージョンにアップグレードする際に、/home パーティションにデータを保存できると、このデータはインストール時に上書きされないため、アップグレードが非常に簡単になります。root パーティション(/)が破損すると、データが完全に失われる可能性があります。したがって、パーティションを分けることが、データ損失に対する保護につながります。また、このパーティションを、頻繁にバックアップを作成する対象にすることも可能です。
/tmp and /var/tmp/
/tmp ディレクトリーおよび /var/tmp/ ディレクトリーは、どちらも長期保存する必要がないデータを保存するために使用されます。しかし、このいずれかのディレクトリーでデータがあふれると、ストレージ領域がすべて使用されてしまう可能性があります。このディレクトリーが実行され、これらのディレクトリーが / に保存されると、システムが不安定になり、クラッシュする可能性があります。そのため、このディレクトリーは個別のパーティションに移動することが推奨されます。
注記
インストールプロセス時に、パーティションを暗号化するオプションがあります。パスフレーズを入力する必要があります。これは、パーティションのデータを保護するのに使用されるバルク暗号鍵を解除する鍵として使用されます。詳細は、「LUKS ディスク暗号化の使用」 を参照してください。