Menu Close

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

3.2.2. カスタマーポータルページでの CVE への移動

CVECommon Vulnerabilities and Exposures)プロジェクトは、MITRE Corporationによって管理されており、脆弱性やセキュリティエクスポージャーの標準的な名称のリストです。カスタマーポータルで Red Hat 製品に関連するCVEのリストを閲覧するには、https://access.redhat.com/でお客様のアカウントにログインし、ページ上部のナビゲーションメニューを使用してSecurityResourcesCVE Databaseに移動します。
表の左側にある CVE コードをクリックすると、個々の脆弱性の詳細情報が表示されます。次のページには、指定されたCVEの説明だけでなく、影響を受ける Red Hat 製品のリストと関連する Red Hat のエラータへのリンクが記載されています。