Menu Close

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

4.7.6. パスワードハッシュの生成

passwd コマンドは、パスワードのハッシュを計算します。コマンドラインでパスワードのハッシュを計算するには、次のようにコマンドを発行します。
~]$ openssl passwd password
デフォルトでは、-crypt アルゴリズムが使用されます。
MD5 ベースの BSD アルゴリズム 1 を使用して、標準入力からパスワードのハッシュを計算するには、次のようにコマンドを発行します。
~]$ openssl passwd -1 password
-apr1 オプションは、BSD アルゴリズムの Apache バリアントを指定します。
注記
openssl passwd -1 password コマンドは、FIPS モードが無効になっている場合にのみ使用してください。そうでない場合は、コマンドは機能しません。
ファイルに保存されているパスワードのハッシュを計算し、salt xx を使用するには、次のようにコマンドを発行します。
~]$ openssl passwd -salt xx -in password-file
パスワードは標準出力に送られ、出力ファイルを指定する -out オプションはありません。-table は、対応するクリアテキストパスワードを含むパスワードハッシュのテーブルを生成します。
詳細および例は、man sslpasswd(1) を参照してください。