Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

4.9.2. GPG キーの作成

GPG を使用して、自身を特定し、通信を認証する際に使用します。これには、ユーザーにとって知らていないものが含まれます。GPG により、GPG 署名メールを読み取るユーザーによる信頼性の検証が可能になります。言い換えると、GPG は実際に署名された通信が実際に署名した通信が適していると合理的なものにすることが可能になります。GPG は、サードパーティーによるコードの変更や会話の傍受やメッセージの変更に役立つため便利です。

4.9.2.1. GNOME での GPG キーの作成

GNOME で GPG キーを作成するには、以下の手順を行います。
  1. GPG キー管理を容易にするSeahorse ユーティリティーをインストールします。
    ~]# yum install seahorse
  2. キーを作成するには、ApplicationsAccessoriesメニューから Passwords および Encryption Keys を選択し、applicationSeahorse を起動します。
  3. File メニューから New を選択し、PGP Key を選択します。次に、「Continue」をクリックします
  4. フルネーム、メールアドレス、および誰かを説明するコメントを入力します(例: John C. configurations、、ソフトウェアエンジニア)。Create をクリックします。パスフレーズを求めるダイアログが表示されます。強力なパスフレーズを選択しますが、覚えておくことも簡単です。OK をクリックして、キーが作成されます。
警告
パスフレーズを忘れると、データを復号できなくなります。
GPG キー ID を見つけるには、新規作成されたキーの横にある Key ID 列を確認します。ほとんどの場合、キー ID 0x6789ABCD のように、キー ID をキー ID の前に付けると、秘密鍵のバックアップを作成し、これを安全な場所に保存する必要があります。