Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

4.9.2. GPG 鍵の作成

GPG は、あなた自身を識別し、あなたの知らない人とのコミュニケーションを含むあなたのコミュニケーションを認証するために使用されます。GPG を使用すると、GPG で署名された電子メールを読んでいる人は誰でも、その信頼性を確認できます。言い換えれば、GPG は、あなたが署名した通信が実際にあなたからのものであることを合理的に確信できるようにします。GPG は、サードパーティーがコードを変更したり、会話を傍受したり、メッセージを変更したりすることを阻止できるので便利です。

4.9.2.1. GNOME での GPG 鍵の作成

GNOME で GPG キーを作成するには、次の手順に従います。
  1. Seahorse ユーティリティーをインストールします。これにより、GPG キー管理が容易になります。
    ~]# yum install seahorse
  2. キーを作成するには、アプリケーションアクセサリー メニューから、パスワードと暗号化キー を選択します。これにより、アプリケーション Seahorse が起動します。
  3. ファイル メニューから、新規PGP Key の順に選択します。続いて、続行 をクリックします。
  4. フルネーム、メールアドレス、および自身に関して説明するオプションのコメントを入力します (例:John C. Smith、、ソフトウェアエンジニア)。Create をクリックします。キーのパスフレーズを要求するダイアログが表示されます。強力かつ覚えやすいパスフレーズを選んでください。OK をクリックすると鍵が作成されます。
警告
パスフレーズを忘れると、データの暗号解除ができなくなります。
GPG 鍵の ID を見つけるには、新規に作成された鍵の横にある 鍵の ID コラムを確認します。多くの場合、鍵 ID を求められる際には、0x6789ABCD などのように、鍵 ID の前に 0x を付けます。秘密鍵のバックアップを取り、安全な場所に保管してください。