Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

5.6.4. GUI を使用して事前定義サービスでトラフィックを制御

事前定義したサービスまたはカスタムサービスを有効または無効にするには、firewall-config ツールを起動して、サービスを設定するネットワークゾーンを選択します。Services タブを選択し、信頼するサービスタイプごとにチェックボックスを選択します。このチェックボックスの選択を解除してサービスをブロックします。
サービスを編集するには、firewall-config ツールを起動してから 設定 ラベルのあるメニューで 永続 を選択します。Services ウィンドウの下部に、その他のアイコンおよびメニューボタンが表示されます。設定するサービスを選択します。
Ports、Protocols 、Source Port のタブでは、選択したサービスのポート、プロトコル、およびソースポートの追加、変更、および削除が可能です。モジュールタブは、Netfilter ヘルパーモジュールの設定を行いますDestination タブは、特定の送信先アドレスとインターネットプロトコル(IPv4 または IPv6)へのトラフィックを制限できます
注記
ランタイム モードでは、サービス設定を変更できません。

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。