Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

4.7.9. OpenSSL の設定

OpenSSL には設定ファイル /etc/pki/tls/openssl.cnf があり、これは OpenSSL ライブラリーで読み取られるマスター設定ファイルと呼ばれます。各アプリケーションに個別の設定ファイルを使用することもできます。設定ファイルには、[ section_name ] にあるように、セクション名を持つ複数のセクションが含まれます。ファイルの最初の部分は、最初の [ section_name ], がデフォルトのセクションと呼ばれるまでであることに注意してください。OpenSSL が設定ファイルの名前を検索する際、named セクションが最初に検索されます。OpenSSL コマンドはすべて、代替設定ファイルの指定にオプションを使用しない限り、マスター OpenSSL 設定ファイルを使用します。設定ファイルの詳細は、config(5) man ページで説明されています。
2 つの RFC は、証明書ファイルのコンテンツを説明します。以下のとおりです。

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。