Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

5.7.4. ゾーンへのネットワークインターフェースの割り当て

複数のゾーンに複数のルールセットを定義して、使用されているインターフェースのゾーンを変更することで、迅速に設定を変更できます。各インターフェイスに特定のゾーンを設定して、そのゾーンを通過するトラフィックを設定できます。
特定インターフェースにゾーンを割り当てるには、以下を行います。
  1. アクティブゾーン、およびそのゾーンに割り当てられているインターフェースを一覧表示します。
    ~]# firewall-cmd --get-active-zones
  2. 別のゾーンにインターフェースを割り当てます。
    ~]# firewall-cmd --zone=zone-name --change-interface=<interface-name>
注記
再起動後も設定を持続させる --permanent オプションを使用する必要はありません。新しいデフォルトゾーンを設定すると、設定は永続化されます。

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。