Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

5.17. Denied パケット用ロギング設定

firewalldLogDenied オプションを使用すると、拒否されたパケットに簡易ロギングメカニズムを追加できます。対象となるのは、拒否または破棄されるパケットになります。ログ設定を変更するには、/etc/firewalld/firewalld.conf ファイルを編集するか、コマンドラインまたは GUI 設定ツールを使用します。
LogDenied を有効にすると、デフォルトルールの INPUT チェイン、FORWARD チェイン、および OUTPUT チェインの reject ルールおよびドロップルールの右側で、ゾーンの最後の reject ルールおよび drop ルールが追加されます。ここに設定できる値は、allunicastbroadcastmulticast、および off です。デフォルト設定は off です。unicastbroadcast、および multicast の設定では、リンク層のパケットタイプを一致させるのに pkttype 一致を使用します。all を使用すると、すべてのパケットがログに記録されます。
firewall-cmd で実際の LogDenied 設定を一覧表示するには、root で以下のコマンドを実行します。
~]# firewall-cmd --get-log-denied
off
LogDenied 設定を変更するには、root で以下のコマンドを実行します。
~]# firewall-cmd --set-log-denied=all
success
firewalld GUI 設定ツールを使用して LogDenied 設定を変更する場合は、firewall-config を起動し、Options メニューをクリックし、Change Log Denied を選択します。LogDenied ウインドウが表示されます。メニューから新しい LogDenied 設定を選択し、OK をクリックします。

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。