第1章 セキュリティーの概要

ビジネスの運営や個人情報の記録ではネットワーク化された強力なコンピューターへの依存度が高まっていることから、各種業界ではネットワークとコンピューターのセキュリティーの実践に関心が向けられています。企業は、システム監査の適正な実施やソリューションが組織の運営要件を満たすようにするために、セキュリティー専門家の知識と技能を求めてきました。ほとんどの組織はますます動的になってきていることから、従業員は会社の重要な IT リソースにローカルまたはリモートでアクセスするようになっています。このため、セキュアなコンピューティング環境に対するニーズはより顕著になっています。
しかし残念なことに、多くの組織 (個々のユーザーも含む) が、機能性や生産性、便利さ、使いやすさおよび予算面の懸念事項にばかり目を向けてセキュリティーを付け足しと見なし、セキュリティーのプロセスが見過ごされています。さらに、セキュリティーの適切な実施については、無許可の侵入が発生したにはじめて徹底されることも多くあります。多くの侵入の試みを阻止する効果的な方法は、インターネットなどの信頼できないネットワークにサイトを接続する前に、適切な措置を講じることです。

注記

本書では、/lib ディレクトリーにあるファイルにも言及しています。64 ビットのシステムを使用している場合は、それらのファイルの一部は /lib64 にある可能性があります。

1.1. コンピューターセキュリティーとは

コンピューターセキュリティーは、コンピューティングと情報処理の幅広い領域で使用される一般的な用語です。日常業務や重要な情報へのアクセスにおいてコンピューターシステムとネットワークに依存する業界は、企業データを総体的資産の重要な部分であると見なしています。総保有コスト (Total Cost of Ownership: TCO) や サービスの品質 (Quality of Service: QoS) などのいくつかの用語および評価指標は日常的なビジネス用語として用いられるようになっていますが、これらの評価指標を用いて、各種の業界はプランニングおよびプロセス管理コストの一環としてデータ保全性や可用性などを算出しています。電子商取引などを行う業界では、データの可用性と信頼性がビジネスの成否を決める可能性があります。

1.1.1. セキュリティーの標準化

すべての業界の企業は、米国医師会 (AMA: American Medical Association) や米国電気電子学会 (IEEE: Institute of Electrical and Electronics Engineers) などの標準化推進団体によって作成される規制やルールに従っています。情報セキュリティーにも同じことが言えます。多くのセキュリティーコンサルタントやベンダーは機密性 (Confidentiality)、保全性 (Integrity)、可用性 (Availability) の頭文字をとった CIA として知られる標準セキュリティーモデルを採用しています。この 3 階層モデルは、機密情報のリスク評価やセキュリティー方針の確立において一般的に採用されているモデルです。以下でこの CIA モデルについて説明します。
  • 機密性 — 機密情報は、事前に定義された個人に対してのみ利用可能とする必要があります。情報の許可されていない送信や使用は、制限する必要があります。例えば、情報に機密性があれば、権限のない個人が ID 盗難やクレジット詐欺などの悪意のある目的で顧客情報や財務情報を入手できません。
  • 保全性 — 情報は、不完全または不正確になるように改ざんすべきではありません。承認されていないユーザーは、機密情報を変更したり破壊する機能を使用できないように制限される必要があります。
  • 可用性 — 情報は、認証されたユーザーが必要な時にいつでもアクセスできる必要があります。可用性は、情報が合意された頻度とタイミングで入手できることを保証します。これは、パーセンテージで測定されることが多く、ネットワークサービスプロバイダーやその企業顧客が使用するサービスレベルアグリーメント (SLA) で正式に合意されます。