3.7. コントロールグループ内のプロセスの起動

cgexec コマンドを実行して手動で作成される cgroup でプロセスを起動します。cgexec の構文は以下のとおりです。
cgexec -g controllers:path_to_cgroup command arguments
ここで、
  • controllers は、コンマ区切りのリソースコントローラーの一覧、または利用可能なすべてのサブシステムに関連付けられた階層内のプロセスを起動するために * に置き換えます。「cgroup パラメーターの設定」 で説明されている cgset コマンドの場合のように、同じ名前の cgroup が存在する場合、-g オプションを指定すると、それらの各グループにプロセスが作成されることに注意してください。
  • path_to_cgroup は、階層に対して相対的な cgroup へのパスです。
  • command は cgroup で実行されるコマンドです。
  • arguments はコマンドの引数です。
command の前に -- sticky オプションを追加すると、同じ cgroup の子プロセスを維持することもできます。このオプションを設定しないで cgred サービスが稼働していると、子プロセスは /etc/cgrules.conf の設定に基づいて cgroup に割り当てられます。しかし、プロセス自体はそれを起動した cgroup 内に残ります。