Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

3.9. その他のリソース

cgroup コマンドの確実な参照情報は、libcgroup パッケージで提供される man ページに記載されています。

インストールされているドキュメント

libcgroup に関連した man ページ

  • cgclassify(1): cgclassify コマンドは、実行中のタスクを 1 つまたは複数の cgroup に移動するために使用されます。
  • cgclear(1): cgclear コマンドは、1 つの階層内のすべての cgroup を削除するために使用されます。
    cgconfig.conf(5): cgroup は cgconfig.conf ファイル内で定義されます。
  • cgconfigparser(8): cgconfigparser コマンドは cgconfig.conf ファイルを解析して、階層をマウントします。
  • cgcreate(1): cgcreate コマンドは、階層内に新たな cgroup を作成します。
  • cgdelete(1): cgdelete コマンドは指定された cgroup を削除します。
  • cgexec(1): cgexec コマンドは指定された cgroup 内のタスクを実行します。
  • cgget(1): cgget コマンドは cgroup パラメーターを表示します。
  • cgsnapshot(1): cgsnapshot コマンドは、既存のサブシステムから設定ファイルを生成します。
  • cgred.conf(5): cgred.confcgred サービスの設定ファイルです。
  • cgrules.conf(5): cgrules.conf には、タスクが特定の cgroup に属する場合にこれを判別するためのルールが含まれます。
  • cgrulesengd(8): cgrulesengd サービスは、タスクを cgroup に配分します。
  • cgset(1): cgset コマンドは、cgroup のパラメーターを設定します。
  • lscgroup(1): lscgroup コマンドは、階層内の cgroup を一覧表示します。
  • lssubsys(1): lssubsys コマンドは、指定されたサブシステムを含む階層を一覧表示します。