2.5. その他のリソース

Red Hat Enterprise Linux 上のシステムリソースを管理するために systemdおよび関連ツールを使用する方法については、以下に記載されている情報源を参照してください。

インストールされているドキュメント

cgroup 関連の Systemd ツールの Man ページ

  • systemd-run(1): この man ページは、systemd-run ユーティリティーのコマンドラインのすべてのオプションを一覧表示します。
  • systemctl(1): systemctl ユーティリティーのこの man ページは、利用可能なオプションおよびコマンドを一覧表示します。
  • systemd-cgls(1): この man ページは、systemd-cgls ユーティリティーのコマンドラインのすべてのオプションを一覧表示します。
  • systemd-cgtop(1): この man ページには、systemd-cgtop ユーティリティーのコマンドラインのすべてのオプションの一覧が含まれています。
  • machinectl(1): この man ページは、machinectl ユーティリティーのコマンドラインのすべてのオプションを一覧表示します。
  • systemd.kill(5): この man ページは、システムユニットの kill 設定オプションの概要を示します。

コントローラー固有のカーネルのついてのドキュメント

kernel-doc パッケージはすべてのリソースコントローラーの詳細ドキュメントを提供します。このパッケージは Optional サブスクリプションチャンネルに含まれています。Optional チャンネルをサブスクライブする前に、対象範囲の詳細 を参照してください。次に Red Hat カスタマーポータル上の 証明書ベースの管理を使用して、Optional および Supplementary チャンネル、devel パッケージにアクセスする方法 というタイトルの記事に記載されている手順を実行してください。Optional チャンネルから kernel-doc をインストールするには、root として以下を入力します。
yum install kernel-doc
インストール後に、以下のファイルが /usr/share/doc/kernel-doc-<kernel_version>/Documentation/cgroups/ ディレクトリーの下に表示されます。
  • blkio サブシステム: blkio-controller.txt
  • cpuacct サブシステム: cpuacct.txt
  • cpuset サブシステム: cpusets.txt
  • devices サブシステム: devices.txt
  • freezer サブシステム: freezer-subsystem.txt
  • memory サブシステム: memory.txt
  • net_cls subsystem — net_cls.txt
さらに、cpu サブシステムについての詳しい情報は、以下のファイルを参照してください。
  • リアルタイムスケジューリング — /usr/share/doc/kernel-doc-<kernel_version>/Documentation/scheduler/sched-rt-group.txt
  • CFS スケジューリング — /usr/share/doc/kernel-doc-<kernel_version>/Documentation/scheduler/sched-bwc.txt

オンラインのドキュメント

  • Red Hat Enterprise Linux 7 システム管理者のガイド: システム管理者のガイド は Red Hat Enterprise Linux 7 の導入、設定および管理についての関連情報を記載しています。このガイドは、システムの基本的な知識のあるシステム管理者を対象にしています。
  • The D-Bus API of systemd: systemd にアクセスするために使用される D-Bus API コマンドについての参考資料です。