Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

2.5. 関連情報

systemd と関連ツールを使用して Red Hat Enterprise Linux のシステムリソースを管理する方法は、以下の資料を参照してください。

インストールされているドキュメント

Cgroup-Related Systemd ツールの man ページ

  • systemd-run(1)- man ページでは、systemd-run ユーティリティーのコマンドラインオプションがすべて表示されます。
  • systemctl(1)- 利用可能なオプションとコマンドを一覧表示する systemctl ユーティリティーの man ページです。
  • systemd-cgls(1)- この man ページでは、systemd-cgls ユーティリティーのコマンドラインオプションがすべて表示されます。
  • systemd-cgtop(1)- man ページには、systemd-cgtop ユーティリティーの全コマンドラインオプションの一覧が含まれます。
  • machinectl(1)- この man ページでは、machinectl ユーティリティーのコマンドラインオプションがすべて表示されます
  • systemd.kill(5)- この man ページでは、システムユニットの kill 設定オプションの概要が記載されています。

コントローラー固有のカーネルドキュメント

kernel-doc パッケージでは、すべてのリソースコントローラーの詳細なドキュメントがあります。このパッケージは Optional サブスクリプションチャンネルに含まれます。Optional チャンネルにサブスクライブする前に、「対象範囲の詳細チャネル 」を参照してから、Red Hat カスタマーポータルの「Optional および Supplementary チャンネル、-devel パッケージにアクセスする方法」に記載されている手順を行ってください。Optional チャンネルから kernel-doc をインストールするには、root で以下を入力します。
~]# yum install kernel-doc
インストール後に、以下のファイルが /usr/share/doc/kernel-doc-<kernel_version>/Documentation/cgroups/ ディレクトリーの下に表示されます。
  • blkio subsystem — blkio-controller.txt
  • cpuacct subsystem — cpuacct.txt
  • cpuset subsystem — cpusets.txt
  • devices subsystem — devices.txt
  • freezer subsystem — freezer-subsystem.txt
  • memory subsystem — memory.txt
  • net_cls subsystem — net_cls.txt
また、cpu サブシステムの詳細は以下のファイルを参照してください。
  • リアルタイムスケジューリング - /usr/share/doc/kernel-doc-<kernel_version>/Documentation/scheduler/sched-rt-group.txt
  • CFS スケジューリング - /usr/share/doc/kernel-doc-<kernel_version>/Documentation/scheduler/sched-bwc.txt

オンラインドキュメント