Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

3.2. 階層のアンマウント

/etc/cgconfig.conf 設定ファイルを編集して階層をマウントした場合は、この設定ファイルの mount セクションから設定ディレクティブを削除するだけで、単にその階層をアンマウントできます。次に、サービスを再起動して新しい設定を適用します。
同様に、root で以下のコマンドを実行すると、階層をアンマウントできます。
~]# umount /sys/fs/cgroup/controller_name
controller_name を、デタッチするリソースコントローラーが含まれる階層の名前に置き換えます。
警告
umount を使用して、手動でマウントした階層のみを削除してください。デフォルトのコントローラー Red Hat Enterprise Linux 7 で利用可能なコントローラー)を含む階層をデタッチすると、システムの再起動が必要となります。