2.2. コントロールグループの削除

一時的な cgroup は、それらに含まれるプロセスが終了するとすぐに自動的にリリースされます。--remain-after-exit オプションを systemd-run に渡すことで、ユニットのプロセスがランタイム情報の収集を終了した後もユニットを実行状態にすることができます。このユニットを正常に停止するには、以下を入力します。
~]# systemctl stop name.service
name を停止するサービスの名前に置き換えます。1 つ以上のユニットのプロセスを終了するには、root として以下を入力します。
~]# systemctl kill name.service --kill-who=PID,... --signal=signal
name を、httpd.service などのユニットの名前に置き換えます。--kill-who を使用して、終了する cgroup のプロセスを選択します。複数のプロセスを同時に kill するには、PID のコンマ区切りの一覧を渡します。signal を指定プロセスに送信する POSIX シグナルのタイプに置き換えます。デフォルトは SIGTERM です。詳細は、systemd.kill の man ページを参照してください。
永続的な cgroup は、以下を実行してユニットを無効にし、その設定ファイルを削除する際にリリースされます。
~]# systemctl disable name.service
ここで、name は無効にするサービスの名前を表します。