Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

1.4. その他のリソース

systemd 下のリソース制御、ユニット階層およびカーネルリソースコントローラーについての詳細情報は、以下に記載の資料を参照してください。

インストールされているドキュメント

cgroup 関連の Systemd ドキュメント

以下の man ページには、systemd 下の統一された cgroup 階層についての一般的な情報が含まれます。
  • systemd.resource-control(5): システムユニットによって共有されるリソース制御についての各種設定オプションについて説明しています。
  • systemd.unit(5): すべてのユニット設定ファイルの共通オプションについて説明しています。
  • systemd.slice(5): .slice ユニットについての一般的な情報を提供します。
  • systemd.scope(5): .scope ユニットについての一般的な情報を提供します。
  • systemd.service(5): .service ユニットについての一般的な情報を提供します。

コントローラー固有のカーネルについてのドキュメント

kernel-doc パッケージはすべてのリソースコントローラーの詳細ドキュメントを提供します。このパッケージは Optional サブスクリプションチャンネルに含まれています。Optional チャンネルをサブスクライブする前に、Optional ソフトウェアについて対象範囲の詳細 を参照してください。次に Red Hat カスタマーポータル上の 証明書ベースの管理を使用して、Optional および Supplementary チャンネル、devel パッケージにアクセスする方法 というタイトルの記事に記載されている手順を実行してください。Optional チャンネルから kernel-doc をインストールするには、root として以下を入力します。
yum install kernel-doc
インストール後に、以下のファイルが /usr/share/doc/kernel-doc-<kernel_version>/Documentation/cgroups/ ディレクトリーの下に表示されます。
  • blkio サブシステム: blkio-controller.txt
  • cpuacct サブシステム: cpuacct.txt
  • cpuset サブシステム: cpusets.txt
  • devices サブシステム: devices.txt
  • freezer サブシステム: freezer-subsystem.txt
  • memory サブシステム: memory.txt
  • net_cls サブシステム: net_cls.txt
また、cpu サブシステムについての詳しい情報は、以下のファイルを参照してください。
  • リアルタイムスケジューリング — /usr/share/doc/kernel-doc-<kernel_version>/Documentation/scheduler/sched-rt-group.txt
  • CFS スケジューリング — /usr/share/doc/kernel-doc-<kernel_version>/Documentation/scheduler/sched-bwc.txt

オンラインのドキュメント

  • Red Hat Enterprise Linux 7 システム管理者のガイド: システム管理者のガイド は Red Hat Enterprise Linux 7 の導入、設定および管理に関する情報を記載しています。このガイドには、systemd の概念と systemd を使用したシステムの管理方法についての詳細が記載されています。
  • The D-Bus API of systemd: systemd と対話するために使用される D-Bus API コマンドについての参考資料です。