Menu Close

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

第1章 コントロールグループの概要(Cgroups)

1.1. コントロールグループとは

本ガイドの cgroups と呼ばれるコントロールグループは、このようなリソースの CPU 時間、システムメモリー、ネットワーク帯域幅、システムで実行されているプロセスの階層順など、リソースの割り当てを可能にする Linux カーネル機能です。cgroups を使用することで、システム管理者は、システムリソースの割り当て、優先順位化、拒否、管理、監視まで細かく制御できます。ハードウェアリソースは、アプリケーションとユーザーに簡単に分割でき、全体的な効率を高めます。
コントロールグループは、階層的にグループやラベルのプロセスを階層的に適用し、リソース制限をそれらに適用する方法を提供します。従来は、すべてのプロセスがプロセスがプロセスが、プロセスの niceness 値で変更できるシステムリソースの同様の量を受け取る可能性があります。このアプローチにより、これらのアプリケーションの相対インポートに関係なく、多数のプロセスが複数のプロセスで受信するプロセス数を超えるリソースを受信するアプリケーションのことです。
Red Hat Enterprise Linux 7 では、cgroup 階層のシステムを systemd ユニットツリーにバインドすることにより、リソース管理設定をプロセスレベルからアプリケーションレベルに移行します。したがって、システムリソースの管理は、systemctl コマンドを使用するか、systemd ユニットファイルを変更して行うことができます。詳しくは 2章コントロールグループの使用、を参照してください。
以前のバージョンの Red Hat Enterprise Linux では、libcgroup パッケージからの cgconfig コマンドを使用してカスタムの cgroup 階層を構築していたシステム管理者です。このパッケージは非推奨となっており、デフォルトの cgroup 階層との競合を簡単に作成できるため、使用は推奨されません。ただし、libcgroup は、systemd がまだ該当しない場合(特に net-prio サブシステムを使用)など、特定のケースに対応できます。3章libcgroup ツールの使用
上記のツールは、Linux カーネルの cgroup コントローラー(サブシステムとしても知られている)と対話するための高レベルのインターフェースを提供します。リソース管理の主な cgroup コントローラーは cpu、memory、および blkio Red Hat Enterprise Linux 7 で利用可能なコントローラーコントローラー固有のカーネルドキュメント