A.5. tuned-adm

tuned-admTuned のプロファイルを切り替えて、特定の使用事例でパフォーマンスの向上を可能にするコマンドラインツールです。システムを評価し、推奨されるチューニングプロファイルを出力する tuned-adm recommend サブコマンドも提供します。
Red Hat Enterprise Linux 7 より、Tuned にチューニングプロファイルの有効化または無効化の一環としてあらゆるシェルコマンドを実行できる機能が追加されました。これにより、Tuned に統合されていない機能を使用した Tuned の拡張が可能になります。
また、Red Hat Enterprise Linux 7 ではプロファイル定義ファイルに include パラメーターが用意されるため、既存のプロファイルで独自の Tuned プロファイルをベースにすることができます。
Tuned では以下のチューニングプロファイルが提供され、Red Hat Enterprise Linux 7 でサポートされます。
throughput-performance
処理能力の改善に焦点をあてたサーバープロファイルになります。デフォルトのプロファイルでほとんどのシステムに推奨となります。
このプロファイルは、intel_pstatemin_perf_pct=100 を設定して節電によりパフォーマンスを重視します。透過的な HugePage を有効にし、cpupower を使って performance cpufreq ガバナーを設定します。また、kernel.sched_min_granularity_ns10 μs に kernel.sched_wakeup_granularity_ns を 15 μs に vm.dirty_ratio40% にそれぞれ設定します。
latency-performance
待ち時間の短縮に焦点をあてたサーバープロファイルです。c-state チューニングや Transparent Huge Page の TLB 効率性の改善を目的とする待ち時間に制約のある作業負荷に推奨のプロファイルです。
intel_pstatemax_perf_pct=100 を設定して節電よりパフォーマンスを重視します。透過的な大規模ページを有効にし、cpupower を使って performance cpufreq ガバナーを設定、cpu_dma_latency 値に 1 を要求します。
network-latency
ネットワークの待ち時間短縮に焦点をあてたサーバープロファイルです。
このプロファイルでは、intel_pstatemin_perf_pct=100 を設定することにより、節電よりパフォーマンスが優先されます。透過的な巨大ページと NUMA 自動負荷分散が無効になります。また、cpupower を使用して performance cpufreq ガバナーが設定され、1cpu_dma_latency 値が要求されます。さらに、busy_readbusy_poll の時間が 50 μs、tcp_fastopen3 に設定されます。
network-throughput
ネットワーク処理能力の改善に焦点をあてたサーバープロファイルです。
intel_pstatemax_perf_pct=100 を設定しカーネルのネットワークバッファサイズを大きくして節電よりパフォーマンスを重視します。透過的な大規模ページを有効にし、cpupower を使って performance cpufreq ガバナーを設定します。また、kernel.sched_min_granularity_ns10 μs に kernel.sched_wakeup_granularity_ns を 15 μs に vm.dirty_ratio40% にそれぞれ設定します。
virtual-guest
Red Hat Enterprise Linux 7 仮想マシンと VMware ゲストでのパフォーマンスの最適化に焦点をあてたプロファイルです。
intel_pstatemax_perf_pct=100 を設定して節電よりパフォーマンスを重視します。また仮想マシンの swap を低減します。透過的な大規模ページを有効にし、cpupower を使って performance cpufreq ガバナーを設定します。kernel.sched_min_granularity_ns10 μs に kernel.sched_wakeup_granularity_ns を 15 μs に vm.dirty_ratio40% にそれぞれ設定します。
virtual-host
Red Hat Enterprise Linux 7 仮想ホストでのパフォーマンスの最適化に焦点をあてたプロファイルです。
intel_pstatemax_perf_pct=100 を設定して節電よりパフォーマンスを重視します。また仮想マシンの swap を低減します。透過的な大規模ページを有効にしダーティーなページをより頻繁にディスクに書き戻します。cpupower を使って performance cpufreq ガバナーを設定します。kernel.sched_min_granularity_ns10 μs に kernel.sched_wakeup_granularity_ns を 15 μs に kernel.sched_migration_cost5 μs に vm.dirty_ratio40% にそれぞれ設定します。
cpu-partitioning
cpu-partitioning プロファイルは、システム CPU を分離されたハウスキーピング CPU にパーティションを設定します。分離された CPU でジッターおよび割り込みを減らすために、プロファイルは、ユーザー空間プロセス、移動可能なカーネルスレッド、割り込みハンドラー、およびカーネルタイマーから分離された CPU を消去します。
ハウスキーピング CPU は、すべてのサービス、シェルプロセス、およびカーネルスレッドを実行できます。
/etc/tuned/cpu-partitioning-variables.conf ファイルに cpu-partitioning プロファイルを設定できます。設定オプションは以下のようになります。
isolated_cores=cpu-list
分離する CPU の一覧を表示します。分離されている CPU の一覧はコンマで区切られているか、ユーザーが範囲を指定できます。範囲は、ハイフンを使用して指定できます (例: 3-5)。このオプションは必須です。ここに挙げられていない CPU は、自動的にハウスキーピング CPU と見なされます。
no_balance_cores=cpu-list
システム全体のプロセスの負荷分散時にカーネルにより考慮されない CPU の一覧を表示します。このオプションは任意です。これは、通常、isolated_cores と同じ一覧になります。
cpu-partitioning の詳細は、man ページの tuned-profiles-cpu-partitioning(7) を参照してください。
tuned-adm で提供される節電プロファイルの詳細は『Red Hat Enterprise Linux 7 電力管理ガイド』を参照してください。
tuned-adm の使用に関する詳細は man ページをご覧ください。
$ man tuned-adm

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。