A.15. taskset

taskset ツールは util-linux パッケージで提供されます。これを使用すると実行中プロセスのプロセッサー親和性を読み出して設定したり、指定プロセッサー親和性でプロセスを起動することができるようになります。

重要

taskset はローカルのメモリー割り当てを保証しません。ローカルメモリー割り当てによりパフォーマンスを向上させる必要がある場合は taskset ではなく numactl を使用することを推奨しています。
実行中のプロセスの CPU 親和性を設定するには、以下のコマンドを実行します。
# taskset -c processors pid
processors をコンマ区切りのプロセッサー一覧または 1,3,5-7 のようにプロセッサーの範囲で置き換えます。pid を再構成するプロセスのプロセス識別子で置き換えます。
特定の親和性のプロセスを開始するには、以下のコマンドを実行します。
# taskset -c processors -- application
processors をコンマ区切りのプロセッサー一覧またはプロセッサーの範囲で置き換えます。application を実行するアプリケーションのコマンド、オプション、引数で置き換えます。
taskset についての詳細情報は、man ページを参照してください。
$ man taskset

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。