A.6. perf

perf ツールは便利なコマンドを複数提供し、その一部を本セクションで説明しています。perf に関する詳細は、Red Hat Enterprise Linux 7 開発者ガイド または man ページを参照してください。
perf stat
実行された指示や消費したクロックサイクルなど、一般的なパフォーマンスイベントに関する総体的な統計を提供します。デフォルトの測定イベント以外のイベントに関する統計を収集する場合はオプションフラグを使用することができます。Red Hat Enterprise Linux 6.4 からは perf stat を使って 1 コントロールグループ (cgroups) または複数のコントロールグループに応じてモニタリングにフィルターをかけることができるようになります。
詳細については man ページをご覧ください。
$ man perf-stat
perf record
このコマンドでパフォーマンスデータをファイルに記録し、後で perf report を使って分析を行うことができます。詳細については man ページをご覧ください。
$ man perf-record
perf report
ファイルからパフォーマンスデータを読み取り、記録されたデータの分析を行います。詳細については man ページをご覧ください。
$ man perf-report
perf list
特定のマシン上で利用可能なイベントを表示します。これらのイベントは、システムのソフトウェア設定とパフォーマンス監視ハードウェアによって異なります。詳細については man ページをご覧ください。
$ man perf-list
perf top
top ツールとよく似た機能を実行します。リアルタイムでパフォーマンスカウンタープロファイルを生成、表示します。詳細については man ページをご覧ください。
$ man perf-top
perf trace
strace ツールとよく似た機能を実行します。指定スレッドまたはプロセスで使用されるシステムコールとそのアプリケーションで受信されるすべてのシグナルを監視します。追跡するターゲットを増やすこともできます。全一覧は man ページをご覧ください。
$ man perf-trace

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。