A.14. OProfile

OProfile は維持負担の少ないシステム全体のパフォーマンス監視ツールで、oprofile パッケージが提供します。プロセッサー上にあるパフォーマンス監視ハードウェアを使用して、メモリーの参照時期、第 2 レベルのキャッシュ要求の回数、及び受け取ったハードウェア割り込みの回数など、システム上のカーネルと実行可能ファイルに関する情報を取得します。OProfile は、Java Virtual Machine (JVM) で実行されるアプリケーションのプロファイリングも実行できます。
OProfile は以下のツールを提供します。レガシーの opcontrol ツールと新たな operf ツールは相互排他的であることに注意してください。
ophelp
システムプロセッサーで使用可能なイベントとその簡単な説明を表示します。
opimport
サンプルデータベースファイルをシステム用に外部のバイナリ形式からネイティブの形式に変換します。異なるアーキテクチャーからのサンプルデータベースを解析する時にのみこのオプションを使用してください。
opannotate
アプリケーションがデバッグシンボルでコンパイルされている場合は、実行可能ファイル用の注釈付きのソースを作成します。
opcontrol
プロファイリング実行でどのデータが収集されるかを設定します。
operf
opcontrol の代わりとなる予定です。operf ツールは Linux Performance Events Subsystem を使用するので、単一プロセスとしてもシステムワイドとしてもより正確なプロファイリングのターゲットが可能になります。また、システム上でパフォーマンス監視ハードウェアを使用する他のツールと OProfile がよりうまく共存することが可能になります。opcontrol とは異なり、初期設定が不要で、--system-wide オプションを使用していなければ、root 権限なしで使用できます。
opreport
プロファイルデータを取得します。
oprofiled
デーモンとして実行して定期的にサンプルデータをディスクに書き込みます。
レガシーモード (opcontroloprofiled、および post-processing ツール) は依然使用可能ですが、プロファイリング方法としては推奨されません。
これらコマンドの詳細情報については、OProfile man ページを参照してください。
$ man oprofile

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。