Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

A.13. numad

numad は自動で NUMA の親和性を管理するデーモンです。NUMA リソースの割り当てと管理を動的に改善するために、システム内の NUMA トポロジーとリソースの使用状況を監視します。
numad が有効になると、この動作がデフォルトの自動 NUMA バランシングの動作に優先されることに注意してください。

A.13.1. コマンドラインからの numad の使用

numad を実行可能ファイルとして使用するには、単に以下のコマンドを実行します。
# numad
numad の実行中は、アクティビティーが /var/log/numad.log にログ記録されます。アクティビティーは、以下のコマンドで停止されるまで継続されます。
# numad -i 0
numad を停止しても NUMA 親和性の改善のためになされた変更は削除されません。システムの使用方法が大幅に変わる場合は、numad を再度実行することで親和性が調整され、新たな条件の下でパフォーマンスが改善されます。
numad 管理を特定プロセスに限定するには、以下のオプションで開始します。
# numad -S 0 -p pid
-p pid
指定 pid を明示的な対象一覧に加えます。指定されたプロセスは numad プロセスの重要度しきい値に達するまで管理されません。
-S 0
プロセススキャンのタイプを 0 に設定し、numad 管理を明示的に対象プロセスに限定します。
使用できる numad オプションについては numad の man ページをご覧ください。
$ man numad