A.12. numactl

numactl を使用すると、管理者は指定したスケジュールまたはメモリー配置ポリシーでプロセスを実行することができます。Numactl は共有メモリーセグメントやファイルに永続的なポリシーを設定したり、プロセスのプロセッサー親和性やメモリー親和性を設定することもできます。
Numactl には便利なオプションが多くあります。ここでは、それらオプションのいくつかを紹介し、使用方法を提示していますが、完全なものではありません。
--hardware
ノード間の相対距離を含む、システム上で利用可能なノードのインベントリーを表示します。
--membind
メモリーが特定のノードからのみ割り当てられるようにします。指定された場所に利用可能なメモリーが十分にない場合は、割り当ては失敗します。
--cpunodebind
指定されたコマンドおよびその子プロセスが指定されたノードでのみ実行されるようにします。
--phycpubind
指定されたコマンドおよびその子プロセスが指定されたプロセッサーでのみ実行されるようにします。
--localalloc
メモリーが常にローカルノードから割り当てられるよう指定します。
--preferred
メモリーを割り当てる元となるノードを指定します。この指定ノードからメモリーが割り当てられない場合は、別のノードがフォールバックとして使用されます。
これらおよび他のパラメーターについての詳細は、以下の man ページを参照してください。
$ man numactl

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。